不倫調査

不倫調査中の相手への立ち振る舞いのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

結婚相手の態度が変わったような感じがする、明らかに他の異性の影が見えるなど、「不倫」を疑うようになった時には、早々に探偵を使って不倫調査を行った方が賢明です。どのような結果が出るにせよ、予想や予測、推測でのみ状況を考えているだけでは何も始まりません。早々に不倫調査を行って結果をはっきりとさせてしまえば、悶々としている無駄な時間を省略することができます。

ただ、不倫調査は「相手に気付かれないこと」が重要です。せっかく調査を開始しても相手が気付いてしまえば証拠を隠されてしまう可能性が高く、リスクのある行動をとることもなくなってしまう可能性があります。そうならないように意識して態度を作ることも必要になります。




【相手への立ち振る舞い】普段通りの態度が大切

不倫調査を探偵に依頼すると、多くの場合で「尾行」が行われます。「張り込み」が行われる場合ももちろんありますが、それをするためにはある程度場所と時間が特定できていなければいけません。何も情報がない状態でどこかに張り込もうとしてもどこに張り込めば良いのか分からない以上、まずは「尾行」によって情報を収集することになります。

この状態は、すべての状態の中で特に「相手に発覚する可能性が高い時期」です。比較的近い位置で対象を観察しなければいけなくなるため、勘が良い人の場合は「違和感」を感じることもあります。自身にやましいことがあればあるほど、「疑われているのではないか」と考えるようになるため、パートナーに対して何らかの不信感を抱きかねません。

そのような状況でありながら、さらに普段と違った行動や態度をとってしまったのでは疑いを助長する結果になってしまうので、できるだけ普段通りの態度で臨むことが重要です。

不倫調査中の相手への立ち振る舞いのコツ

【相手への立ち振る舞い】証拠を出しやすいように誘導する

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

また、普段通りの態度を心掛けることと同じくらい大切なこととして、「相手に証拠を出させやすいように誘導する」ことも意識しましょう。せっかく調査をしていても、用意周到で慎重な人は証拠が出ないように対策をしている場合も少なくありません。探偵もプロなので、少しでも違和感があればそれを察知することができるとは言え、より確実な結果を求めるならば「誘導」も大切です。

たとえば、相手が不倫相手と会いやすいように「外出(外泊)して一人の時間を作る」などです。友人と旅行に行くと言ってみたり、実家に帰ってゆっくりしてくると言ってみたりと理由は問いません。要は、相手が「チャンス」だと感じてくれさえすれば良いだけです。

また、可能であれば携帯電話(スマートフォン)の通話やメールの履歴、その内容を確認できると効果的です。ただし、これに関しては相手の許可なく行った場合に罪に問われてしまう可能性もあるので、十分に注意する必要があります。

結果が出やすいように導くことを意識する

不倫調査を探偵に依頼すること自体は簡単にできます。適当な探偵を見繕って相談に行き、おおよその内容を話したうえで調査を依頼しさえすれば完了できます。しかし、探偵によって調査結果が大きく左右されてしまい、場合によっては何の成果も得られないまま費用だけを請求されてしまうこともあります。

「より確実に成果を出してくれそうな探偵を選択すること」「より確実に証拠を掴めるように状況を整えること」をしっかりと意識し、自身でも可能性をしっかりと予測したうえで実行することが大切です。

探偵に任せておけばすべてが上手くいくなどと思い込んでしまうことがないよう、少しでもその可能性が高くなるようにできる限りのサポート案を教えてもらっておくことも効果的です。また、調査期間は非常に長期間に及んでしまう可能性もあるので、あらかじめ期間と費用の詳細を確認し、状況に応じてストップ時期を設定することも忘れてはいけません。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、不倫調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*