不倫調査

不倫調査と悪意の遺棄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

ここ最近、さまざまなメディアを通して注目を集めている話題が「不倫」です。といっても、不倫自体は最近になって始まった行為というわけではなく、国が法律として定義していることからも分かる通り以前からずっとあり続けている悪しき行為です。

ただ、不倫をすることが「悪しき行為」だと考えているのは人類かつその一部のみであり、生物すべてに共通する認識ではありません。

現在日本において不倫が大きく取り沙汰されている理由は、単に「多くの人が好きな話題だから」です。ゴシップ誌にとっては注目を集められる話題を提供することが必須命題である以上、多くの人が興味関心を向ける「人の不幸」を積極的に取り上げることは至極当然の流れといえます。




不倫調査はどのようなことが行われるのか

自身のパートナーが不倫をしている可能性があると感じられるのであれば、「不倫調査」によって事実関係をはっきりとさせることも検討する必要があります。

もちろん、可能性がある状態をはっきりさせることなく継続し続けるという選択肢もありますが、それによって受ける影響はけっして小さなものではないため、一般的に励行される行為ではありません。

不倫調査を行うならば、その多くは「探偵」に依頼することになります。探偵もしくは興信所に対して調査を依頼し、プロが専門的な技術で対象者に関する情報を収集、分析または証明をしてくれます。プロに依頼する以上、費用が発生し、調査内容などによっては100万円を超える金額になることもあり得ます。

不倫調査の内容は状況によって異なりますが、たとえば「尾行」「盗聴」「盗撮」「聞き込み」「張り込み」などによって情報を収集します。ただ、基本的には法に触れない範囲の調査なので心配はいりません。

不倫調査と悪意の遺棄

「悪意の遺棄」の慰謝料は高め

「悪意の遺棄」とは、文字通り「悪意を持って夫婦としての義務を放棄(遺棄)すること」を意味しています。少々分かりづらい難しい表現を使ってはいますが、要するに夫婦が夫婦として成り立っていく上で必要な義務、「同居義務」「協力義務」「扶助義務」の3つの義務を意図的に履行しなかった場合は離婚事由に該当するというものです。

共働きが必要な状況にありながら一方が意図的に働かずにいたり、夫婦関係を破たんさせる目的で同居を拒んだりするような状況が悪意の遺棄に該当する可能性があります。

さまざまな事柄が離婚事由としてなり得るものの、その性質によって責任の大きさは大きく変わってきます。いわゆる「気の迷い」でとった行動が不貞行為になってしまった場合とパートナーを貶めようとして行った不貞行為では性質がまったく異なることは明白ですが、このような状況の違いに応じて問われる責任の大きさ、賠償の大きさは変わります。

離婚をするかどうかの判断は慎重に行う

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

不貞行為や悪意の遺棄などに該当することを理由に離婚をすることはできますが、これはあくまでも「権利」に過ぎません。

たとえば、パートナーが不倫をした場合には必ず離婚しなければいけないという決まりがあるわけではなく、不倫を容認して夫婦関係を継続し続けることも可能です。ただ、正当な理由がないにもかかわらず、一方的に婚姻関係を解消することはできません。

あくまでも正当な理由がある場合に限った話になりますが、100人中100人が「離婚すべきだ」と感じる状況だったとしても敢えて離婚をせず、結果的に幸せだったと感じながら人生を終えることができる場合も大いにあり得ます。結果的にどういった判断をすることが正解なのかは「結果論」でしか語ることができません。

そのため、誰に何を言われようとも自分で決めたことならば「これが正解だ」と思って問題はないのですが、少なくとも「一時の感情や報復目的」で行動を決めることは避けた方が賢明です。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、不倫調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*