不倫調査

不倫調査による損害賠償請求の知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket


不倫調査をする前に、損害賠償請求についての知識は身につけておいたほうがよいです。

不倫調査をする目的は人それぞれですが、多くの人は慰謝料の請求をしたいと考えているでしょう。離婚を成立させるだけでよく、慰謝料は請求する予定はないという人も、損害賠償請求についての知識を身につけることで考え方が変わることもあります。

損害賠償請求をするということは、被った損害を回収するということです。車を壊され100万円の修理代がかかったなら、原則として100万円までしか請求ができません。被った損害以上の請求が裁判で認められることは原則としてありません。

不倫による慰謝料請求の場合、被った損害が精神的なものとなるのでお金に換算することが難しく、専門家に相談をするべき問題となります。




慰謝料の算定方法と相場

不倫による慰謝料とは、配偶者が不倫をしたことによって受けた精神的な損害を金銭で賠償してもらうものです。どれほどの精神的被害を受けたのかということはケースバイケースとなりますが、過去の裁判例などをもとにして計算がされます。相場としては100万円~500万円くらいとなります。

慰謝料の金額を出すにあたって考慮するのは、不倫をしていた期間、肉体関係を結んだ回数、婚姻期間、子どもの有無、請求相手の年収などとなります。婚姻期間が長いほど、夫婦の信頼関係が築かれており、裏切られたときの精神的ショックが大きいとみなされる傾向があります。

ただし、すでに夫婦関係が破綻していた場合には慰謝料請求は認められないこともあるようです。

請求相手の年収は精神的なショックとは直接の関係がありませんが、支払い能力という意味で重要になります。請求相手の社会的地位が高く、支払い能力が高いほど高額な慰謝料が認められる傾向があります。

不倫調査による損害賠償請求の知識

浮気相手にも請求できる?

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

配偶者が浮気をしていた場合、浮気相手にも慰謝料の請求をすることが可能です。

しかし、これには一定の条件があります。浮気相手が既婚者であったことを知っていたか、もしくは気づくことができる事情があったということがポイントです。

配偶者が「自分は独身だ」と言っていて、浮気相手がその言葉を疑う余地がなかった場合には、請求ができません。同じ会社で働いていた場合などには、既婚者であることを知っていて当然と考えられるので、特に証明をしなくても認められる可能性が高いでしょう。

浮気相手にだけ請求をして、配偶者とは離婚をせずにそのまま夫婦関係を続けるという選択肢もあります。この場合、請求できる慰謝料の金額は減ってしまうことに注意が必要です。

浮気相手が無職の専業主婦である場合などには、相手に支払い能力がないため諦めてしまうケースも多いようです。

しかし、相手が無職の場合でも50万円程度の慰謝料が認められるケースはあります。

不倫調査を依頼する探偵を選ぶときのポイント

不倫調査は探偵に依頼するのが一般的です。

代表的な浮気の証拠といえば、配偶者と浮気相手の2人が一緒にホテルに入っていくときの写真や動画となります。

裁判では「別人である」という主張をされて負けてしまうこともあるので、本人であることを識別できる程度の鮮明な写真や動画でなければなりません。浮気の時間帯は夜であることが多いので、プロである探偵でなければ裁判で勝てるような証拠をつかむことは難しいでしょう。

探偵を選ぶときには料金の安さで選んでしまう人が多いですが、裁判で負けてしまったら意味がありません。経験と実績についても確認をしておきましょう。

成功報酬制で契約をすれば失敗をしたときには報酬を支払わなくてよいので安心ができます。

しかし、成功報酬制でも「キスをしている写真などでもとれたら成功とみなす」というように、成功の定義が依頼者側の期待とは異なっていることもあります。成功の定義についてはしっかりと確認をしておくべきです。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、不倫調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*