不倫調査

離婚慰謝料がほしい時の不倫調査の活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

配偶者の様子がおかしい、不倫をしているのではないかと感じたら、まず自分の気持ちを考えることが大切です。不倫が現実ならその後自分はどうするべきか、再構築を望むか、離婚に向けて進むのかを考えます。

離婚を考えるのなら不倫している証拠が必要です。証拠があることで自分が有利な条件で進めていくことが出来るからです。感情的になってすぐに問い詰めると相手は証拠を隠す、消すことを実践します。

難しいものですが冷静になることを心がけ、やるべきこと、進めていくべき道を考えていくことが大切です。証拠をとる、集めることはなかなか難しいものです。その際にプロの力を借りることは重要なポイントになります。プロによる不倫調査を依頼するのは得策です。




不倫調査を探偵に依頼すること

まずは探偵、興信所など不倫調査に強いところを調べます。そして電話をしてある程度の話をすると、事務所での打ち合わせに入ります。その際、どのような調査をするのか、実績はどのくらいか、費用はどれくらいかかるのかをきちんと把握します。信頼できそうな事務所であれば不倫調査を依頼します。

多くの調査は尾行になります。尾行して不倫現場を押さえる、それを写真にとる、動画を撮るということが主流です。

できるだけ費用を抑えるようにするためには、事前に自分の知りうる情報を教えることです。配偶者の日々の行動範囲、性格、怪しい行動、不倫を疑うようになったきっかけ、更に配偶者の写真などを持参することで体型や顔を調査員に知らせることも大切です。

事前の情報が多ければ多いほど、不倫現場を押さえる日数が減って費用面での負担が少なくて済みます。そして、自分がその証拠を得た時にどう出るかをよく考えておくことも大切です。
離婚慰謝料がほしい時の不倫調査の活用

離婚を決意したらすべきこと

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

不倫調査を依頼したら、通常通りの生活を心がけます。相手に自分の気持ちややろうとしていることを悟られぬようにするためです。湧き出る怒りや悲しみはできるだけ隠して今までと同じような生活をしていくのです。

離婚を考えている場合、様々な問題が起こります。財産の分与、親権、養育費、慰謝料などです。自分が有利になるためには、相手が言い逃れできないような状況を作ることが必要です。相手の不貞行為による離婚は自分の有利な条件で進めていくことが出来ます。

プロの不倫調査機関を信じ、証拠がとれることを待つ時間になります。どこかで不倫はしてないのでは、そう願いたいという気持ちがあることもありますが、それもじっと耐える期間です。勤めて冷静に自分の気持ちを安定させて相手に悟られないようにふるまうのです。

調査の最中や調査終了後には電話である程度の結果を知らせてくれるところが多いです。そして調査結果の報告書が出来上がった時点でその報告を直接聞きます。

離婚慰謝料がほしい場合には

不倫が確定し、証拠が揃ったら離婚に向けて進めていくことになります。その際怒りや悲しみは最高潮に達するはずです。

ですから、弁護士など法のプロをつけて進めていくことが良いです。自分の味方となり有利に進めていくこと怒りや悲しみを乗り越えることにつながります。

お金で全て解決するものではありませんが、不貞行為を認め反省や後悔を求めるには離婚慰謝料をしっかりととることが必要です。それは配偶者からだけではありません。いわゆる愛人となっている人からも離婚慰謝料がほしいと思うものです。

人を傷つけ人の家庭を壊した報いは離婚慰謝料として受けるべきであり、法律上でも慰謝料をとることは可能です。弁護士が味方となり、少しでも多くの慰謝料をとるべき方法を教えてサポートしてくれます。

精神的ダメージの深さ、婚姻期間、子どもの有無などによって金額の増減がありますが、配偶者や愛人が不倫を認めない、嘘をつくなどを回避できるようにしっかりと不倫調査して証拠を得ることがとても大切です。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、不倫調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*