不倫調査

不倫調査をすれば慰謝料が取れる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

配偶者が浮気をしているという疑いを持っていて、すでに離婚をする覚悟もある時には、配偶者や浮気相手から慰謝料をもらいたいという気持ちも生まれるのではないでしょうか。

もし、証拠がそろっているのであれば、そのまま弁護士に相談となりますが、まだ確実な証拠がそろっていない時には証拠をそろえておく必要があります。

そんな時に、確実に裁判に使うことができる証拠を集めてくれるのが、不倫調査を依頼できる探偵社です。探偵は尾行や張り込みなどをして不倫調査を行ない、確実に裁判で使える証拠をつかんで結果を伝えてくれます。

不倫調査に関しては、期間をあらかじめ決めている場合は証拠をつかめないこともありますし、調査期間の延長をする必要が出てくる場合もあるので、最初にそうなった場合に、どうするか決めておく必要があります。




探偵に調査を依頼する前に知っておきたい証拠として使えるもの

慰謝料をとるために、確実な証拠が欲しい時には、探偵に依頼をする人も多いです。その場合、証拠として使えるものにはどんなものがあるのか、逆に証拠にはならないものはどんなものなのか知っておきましょう。

慰謝料請求をする時に、確実に浮気をしているという、証拠として認めてもらうことができるのは、例えば浮気相手とホテルなどへ出入りしている写真や動画、浮気相手の家に複数回出入りしているということがわかる写真や動画などです。

逆に証拠として認められないことがあるのは、浮気相手とのツーショット写真、本人の証言、メールなどのやりとり、ホテルのレシートやポイントカード、飲食店に入った時やプレゼントを買った時のレシートなどがあります。

浮気を発見する時に、よくあるのが相手とのメールなどのやりとりを見たからというものですが、このメールを証拠としてとっておいても、裁判では証拠にはならないと言われることがあるのです。

念のために保存しておくほうが良いことは確かですが、確実な証拠を提出するためには、やはり浮気現場の写真や動画が必要になります。
不倫調査をすれば慰謝料が取れる?

不倫調査を依頼する前に用意しておくものは?

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

不倫調査を依頼する前には不倫相手の情報がわかれば、その情報を伝えておくほうが調査がスムーズにしやすくなります。

そして配偶者に浮気について、問いただしたことがあるかどうかということ、配偶者の普段の行動パターンなどがあります。もちろん配偶者ではなく、婚約者や恋人が本当に浮気をしているのかということを知りたい場合も同じです。

浮気を一度でも問いただしたことがある場合は、相手は何か行動を起こされることを恐れて警戒をしているため、それ以上、証拠を握られないようにと慎重に行動するようになります。ですから、問いただしたことがあるかないかということについての情報を伝えることはとても重要なことなのです。

探偵は調査をする前に依頼者からの情報をまとめ、計画をたてて尾行や張り込みなどを行ないます。尾行をしながら、その様子を動画撮影もしてくれるので裁判に証拠として使うことができるのです。

しかも、1度くらいホテルなどに入っていくのを見たといっても、具合が急に悪くなったからと言い逃れされては意味がありませんので、少なくとも数回はそういったことがあったということを証拠としておさえます。

不倫調査によって証拠が見つかったら慰謝料を請求できる?

不倫調査まで、わざわざ依頼したのは慰謝料請求をすることが目的なわけですが、実は裁判で使うことができる証拠が見つかったからといって、確実に希望する慰謝料を支払ってもらうことができるとは限らないのが現状です。

これは慰謝料が精神的な苦痛の度合いや婚姻関係の破壊の原因となった有責の程度、結婚期間と年齢、当事者の支払い能力などが関係してくるためです。

不倫調査でかかった費用を上回る慰謝料を受け取ることができるとは限りませんし、浮気をした配偶者の経済能力次第では、支払うことが困難だとして、慰謝料の支払いをできないということになることも0%ではないのです。

そのため、慰謝料の金額は100万円ほどから数億円など幅広い金額の差があったりします。

また浮気相手へも損害賠償請求をすることができますが、浮気相手の経済力が低い場合には、配偶者にその浮気相手への損害賠償の金額を上乗せして慰謝料請求するということもあります。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、不倫調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*