不倫調査

婚約者への不倫調査の必要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

結婚を考える相手というと、当人同士にとっては「よく知っている相手」かもしれませんが、二人の両親や親族などにとっては「良く分からない人」です。当人同士は「大丈夫だ」と思っていたとしても、特に両親からすれば「本当にこの人が相手で良いのだろうか」という疑問を感じることも珍しくありません。

それもそのはず、特に親しく交流しているならまだしも、急に「この人と結婚します」と紹介されただけの相手では何も情報がないので、相手のことを評価することすらできません。そのために時間をかけて信頼を築くことになるわけですが、そうしなくとも簡単に相手のことを知る方法が「身辺調査」です。とは言え、その目的は「婚約者の不倫調査」である場合は珍しくありません。




結婚を考えるなら身辺調査は重要

婚約者の不倫調査を行うかどうかは本人、またはその親族などの判断に委ねられます。たとえば大富豪ならば、自身が抱えているボディーガードや執事などに調査を依頼することもできますが、そうでなければ探偵などに調査を依頼することになります。すると、比較的高額な費用が発生することになるため、一般的には「上流階級の人たちだけが利用する方法」のように考えられがちです。

しかし、実際にはけっして裕福ではない家庭でも子供(特に娘)が結婚するに当たって婚約者の身辺調査をすることがあります。身辺調査をする目的は、要するに「過保護」なだけという場合も少なくありませんが、しっかりとした調査をしておくことで将来的に発生し得るリスクを回避するために非常に役立つことは間違いありません。

必ず行わなければいけないというわけではないものの、可能なのであれば結婚以前にしっかりと相手のことを調査しておいて、見た目や心証だけでなく、客観的に結婚を判断すると良いでしょう。

婚姻関係を結んでからでは犠牲が大きくなる

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

というのも、婚姻関係を結んだ後ではさまざまな問題が大きくなってしまいやすいからです。婚約の段階でも一方的な都合で解消するためには多少のお金が必要になりますが、結婚してからの場合と比べると遥かに少ない負担で済ませられる可能性が高いです。

もっとも、これは一般家庭の場合はそれほど考えなくとも良いのですが、多くの資産を持っている場合には「相続権」の問題が発生します。仮に一度でも家族となった場合は相続権が発生する可能性がある他、離婚の際に「慰謝料」などを請求することもできます。いわゆる「資産目当ての結婚」を企む相手とのトラブルを避ける意味で、探偵に調査を依頼しておくと安心できます。

また、さまざまな理由でお金がかかってしまうようになるだけならばまだ良い方です。最大の問題は、影響が広範囲に及んでしまうことです。特に社会的に影響力がある場合には、影響が自身や家族のみに留まらない可能性が出てくるので要注意です。

婚約者への不倫調査の必要性

不倫調査は必須ではない

一般的にかかる不倫調査の費用は、おおむね5~50万円ほどです。探偵にどのような調査を依頼するのかによって料金はまったく異なるため、実際に掛かる料金は状況に応じてまったく異なります。あくまでもこのくらいの価格で行われることが多いというだけの話であり、場合によっては100万円以上の料金を請求されることになる可能性も考慮しておくようにしましょう。

これだけの費用を掛けてまで身辺調査を行って、万が一にも良くない事実が発覚した場合は「良かった」と評価することもできるかもしれません。しかし、身辺調査の結果が何もなかった場合には「良かった」と思える人と「無駄になった」と思う人が出てきます。

そもそも不倫調査を行う目的は「子ども(特に娘)を幸せにするため」ですが、家計にある余裕の多少に応じて感じる印象もまったく変わることをよく覚えておきましょう。そして、「必要性に応じて依頼する」という考えをはっきりさせておくと良いでしょう。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、不倫調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*