不倫調査

不倫調査の費用は高額になりがちなワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

パートナーが不倫をしているかもと思うととても苦しいものです。

不倫の相談は誰にも相談できないので一人で悩みを抱えている人もいます。相談できる人が周りにいない場合は探偵事務所や興信所に不倫調査を依頼してみるといいでしょう。

気になるのは不倫調査にかかる費用です。かなり高額な費用がかかることもあるので気をつけなければいけません。必ず依頼する前に見積もりをだしてもらい、見積もりの内訳も詳しく説明をしてもらうことが大事です。

1社だけでなく複数社から見積もりをとると、だいたいの価格相場がわかります。ただしあまりに相場よりも安い場合は後で高額な追加料金が発生するので注意が必要です。ここでは不倫調査が高額になりがちなわけを詳しく説明するので参考にしてくだい。



不倫調査が高額になる理由

探偵事務所に不倫調査を依頼すると費用も高額になるわけは、やはり不貞の証拠を掴むには時間がかかるからです。不倫調査でもっとも大切なのが不貞行為の証拠を掴むことです。

不貞行為の証拠を掴むのはかなり難しく、ホテルの部屋に二人で入った瞬間や、相手の部屋に入った瞬間などを撮影しなければいけないので、探偵スタッフの人員もかなり必要になります。

出張先での不倫を調査するとなると、さらに高額な費用が発生してしまいます。探偵事務所スタッフの交通費や宿泊費その他様々な経費も発生するので、気が付くと驚くほどの高額な費用になります。

調査日数も短ければそれほどお金もかからずにすみますが、なかなか相手が警戒してしまい不貞行為をおこなわない時は、どんどん調査する日も増えてくるので、費用も高額になるというわけです。

悪質な探偵事務所の場合は、わざと時間をかけて調査をするのでさらに余計な費用がかかってしまいます。

不倫調査の費用は高額になりがちなワケ

不倫調査費用を安くあげる方法

不倫調査費用はどうしても高額になりがちですが、少しでも費用を安く抑えたいならば、ターゲットの行動パターンをあらかじめ探偵に教えておくことです。

たとえば火曜は必ず残業をしてきて帰りが遅くなるというなら、その情報を報告することです。火曜の夜にパートナーが不倫をしている可能性がとても強くなるので、火曜の夜だけに絞って尾行すれば費用もかなり安くなります。

パートナーの財布の中を探してみて、レストランやホテルのレシートが見つかれば、あらかじめそのお店やホテルにスタッフを張り込ませておけるので、証拠の写真も撮影しやすくなります。

車でデートをしている場合は、カーナビの履歴を見てみるといいでしょう。どこの街でどこのホテルを利用していたかがわかるので、スタッフに伝えると調査期間も短くてすみます。

その他どんな細かい情報でも探偵に報告しておけば、調査の時間を短縮できるので最終的には費用も安くなります。

不倫調査は個人でもできる

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

不倫調査には高額な費用がかかるので、自分でおこないたいと考える人もいます。

しかし素人が不倫の調査をおこなうと、ターゲットにばれてしまいかえって証拠を掴みにくくなります。ある程度の調査までは自分でおこない、プロに任せた方がいい場合は無理をせずプロに任せましょう。

自分でおこなえる不倫調査ですが、一緒に暮らしているならば携帯電話を見るチャンスがあるはずです。パートナーがお風呂に入っている時や寝ている時がチャンスですが、携帯電話を見られたことが相手に気づかれないようにすることが大事です。

もしも携帯電話を見られたことにパートナーが気付けば、それ以降警戒してしまい不倫の証拠を掴むことが難しくなります。

不倫相手との不貞行為を撮影する場合は、顔がはっきりわからないと証拠になりにくいので、顔をはっきり撮影することが大事です。ホテルに二人で入った所を撮影しても、お茶を飲んだだけとしらを切られるので、必ず部屋に入る瞬間を撮影してください。

どうしても素人が不貞行為を撮影するのは難しいと感じたら、やはりプロに任せることが大事です。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、不倫調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*