不倫調査

不倫調査と求償権について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

 

不倫をしている事実を確定させる為に探偵に不倫調査を依頼する方がいます。その理由は、不倫を行った相手に対して慰謝料を請求する為であること、または離婚の際に有利に働くようにするなどの目的であることが多いようです。

不倫というのは精神的なショックが大きな出来事であり、それに対してどんな形であろうと償うのは簡単ではありません。しかし、人間社会においてお金という形でその怒りをしずめるという方法があるのも事実。

不倫された側としてはいかなる理由があったとしても、それに対しての慰謝料をしっかり払ってもらいたいと考えるでしょう。しかし、その代償を払う側としての負担もそれ相応と言えます。今回は気になる求償権について詳しく解説していきましょう。




不倫の求償権とはどのようなものなのでしょうか

求償権とは、他人の債務を弁済した人がその他人に対して、返還請求することができる権利のことです。簡単に言うと、代わりに払っておいたので後から返してくださいという権利と言えばわかりやすいでしょう。これは借金の返済などにおいて使用されることが多いものなのですが、実は不倫の際でも起きるものなのです。

例えば、夫と不倫相手に関係があり、妻が不倫調査を行った結果、確固たる証拠を元に慰謝料を請求したとします。100万円の請求を2人にしたとして、不倫相手が全額支払ったとしましょう。その後、不倫相手が夫に対して50万円の支払いを請求するのが求償権なのです。

不倫というのは、1人で行えるものではありませんので、慰謝料の請求は当事者である2人に対して行われます。どちらかだけが負担するものではなく、双方痛み分けという形をとる権利ですので、逃げることは簡単ではありません。しかし、どちらが多く負担したなどで後から揉めるケースも少なくないのです。

不倫調査と求償権について

求償権を考慮して請求する

不倫調査を探偵に依頼することで、不倫をしていた事実がわかった時、不倫をされた側としては怒り・悲しみ・苦しみを背負わなければなりません。

また、人によっては離婚という人生の決断をしなくてはいけなくなることもあるでしょう。肉体的苦痛や精神的苦痛を与えたとして、不倫をした当事者には慰謝料が請求されます。

この慰謝料請求の際、離婚をしないケースだと慰謝料の請求は不倫相手だけに行われてしまうことがあります。

しかし、不倫は1人ではできるものではありませんので、不倫した配偶者に対しても請求されるものとして考えてください。どちらかだけに請求となることはありません。

その為、離婚をせずに慰謝料請求をするとなれば、不倫した配偶者の分の慰謝料についても考えておかなければなりません。この際の金額によっては逆に負担が増えてしまう可能性がありますので注意しましょう。また、金銭的な話はトラブルになりやすい為、冷静に対処していく必要があります。

請求側が気をつけたいこと

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

離婚をしない決断をした場合、不倫した配偶者の分を差し引いて、不倫相手に請求をしたつもりが、それを不服としてその半額を不倫した配偶者側に求めてくることがあります。

例に出して考えてみましょう。本来であれば150万円の慰謝料請求をしたものの、その半額は不倫した配偶者側にあるとして、不倫相手には最初から75万円の支払いを請求しました。

ところが、不倫相手としてはそれに対し求償権を使い、その半額である37万5千円を不倫した配偶者に請求。これでは結局、37万5千円分の慰謝料となってしまいます。このようなトラブルになってしまうと、不倫された側としては納得がいくわけありません。

不倫をされた事実だけでも精神的負担は大きいのに、慰謝料の面でも思い通りにいかないとなれば、どこに怒りをぶつければよいのでしょうか。求償権についてしっかり理解しておくことで、このようなトラブルを避けることができます。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、不倫調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*