不倫調査

有利に離婚したい時の不倫調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

愛し合って結婚しても、気持ちがすれ違う、共に暮らして相性の悪さを知る、相手が浮気性だと分かるなど、離婚を考える場合があります。互いにそう思っているなら問題は財産の分配くらいですが、片方が拒否する時には面倒なことになってしまう可能性が高いです。

ただ相性が悪いくらいだと婚姻生活の破たんまでにはいかず揉めるケースもありますが、相手に不貞の疑いがある時は上手く立ち回れば離婚を成立させることができます。

そして少しでも条件を有利にする際には、不貞の証拠をつかむことが重要です。そのためには弁護士に相談する前に、探偵事務所や興信所などに浮気や不倫調査の依頼をすることになります。事実を確認して、確かな証拠をつかむことが必要です。




婚姻生活を解消したい時には

愛し合って結婚しても、気持ちが長く続かない場合があります。恋人関係であった時はデートなど楽しむ時間だけを共に過ごしていましたが、夫婦となった後は同じ家で暮らすのが普通です。

これは簡単なようで実はかなり高度なもので、それぞれ生まれ育ってきた環境が違う赤の他人同士が生活を共にするのですから、楽しいだけではなく、我慢や不満も生まれてきます。

また一緒に暮らすということは、悪い面も目にしてしまう確率が多くなり、恋人だった時は思いやれても、家族になった途端に我儘になる人は意外と多いです。

最悪なものとして暴力を振るう、精神的に追い詰めるなどをしてくる相手もいますし、ギャンブルに嵌っていた、不貞行為をするなど問題が発生する場合もあります。

この際に互いに気持ちを改めて婚姻生活をやり直したいと思う一方で、別れたいと考えるケースも出てくるはずです。ただ離婚というのは思っているよりも厄介で、有利に進めるためには準備が必要になります。

有利に離婚したい時の不倫調査

相手の非を明らかにすることが大事

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

誰でも結婚生活の中で、一度や二度くらいは別れを考えたことがありますし、その時にメリットとデメリット、感情面を考えます。気持ちのすれ違いや不満など、心情的な面は話し合いや自分を納得させることで解決することは可能です。

しかしながら、伴侶となった相手に大きな非がある場合は別で、例えばギャンブルで生活費を使い切る、借金をする、不貞の疑いがある、暴力を振るってくるなどさまざまなものがあります。

これらは改めることもできますが、かなりの時間と労力があるので、別れた方が楽だと考えてもおかしくはありません。ただ離婚を切り出した際に少しでも有利な条件で進めたい場合は、事前の準備が必要になります。

不貞の疑いがあるなら事実を確認するために浮気や不倫調査を、金銭問題なら領収書や使われた金額を記載しておく、言葉や肉体による暴力は映像や録音しておくことが必要です。法廷で認められる証拠を手に入れておきたく、探偵事務所や興信所を利用するのがおすすめになります。

専門家を頼りにしよう

離婚を決意した時、相手に非があるならその事実を確認して証拠を掴んでおくと、裁判を有利に進められます。大切なのは婚姻生活が破綻している、修正が不可能だと第三者に分かってもらうことです。

そのため証拠集めが重要になり、専門家である探偵事務所や興信所を頼りにするとよく、不貞行為がある時には不倫調査が必要になります。

相手の不貞行為が認められれば離婚で揉めて裁判沙汰になっても、自分に有利な条件で進めることができます。ただ不倫の疑いがあるというだけでは認められませんので、第三者が見て分かる確かな証拠を集めることが必要です。

調査は自分でも行えると思うかもしれませんが、気付かれた場合にトラブルになりますし、証拠隠滅をされてしまうかもしれません。それゆえ離婚を決意してすぐに行動するのではなく、事前に準備をしておくことが必要です。

しっかりと証拠を集めて挑めば、自分に有利な条件で離婚を成立させることができます。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、不倫調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*