不倫調査

真実が知りたいときの不倫調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

自身のパートナーが浮気や不倫をしているのではないかと考えるようになると、一度疑ってしまった以降は常に「もしかすると」と不安を感じるようになってしまいます。

恋人関係であれば夫婦関係であれ、「お互いに信用し合えるかどうか」が関係継続に大きくかかわってくる以上、わだかまりがあるままで生活をしているよりはいっそのこと真実を明らかにしてしまった方が良い場合もあります。

相手が浮気や不倫をしているのかどうかをはっきりさせるために有効な手段は、「探偵による不倫調査」です。プロによる事実調査である以上、素人が行う調査よりも内容がしっかりとしているので、グレーではなく少なくとも白か黒かを判断する根拠を得ることはできます。




真実を知ればその後の対応も臨機応変に決められる

仮にパートナーが浮気や不倫をしていたとして、その事実が発覚した時にどのような対応をとるのかは重要なポイントです。

たとえば、交際中のカップルにアンケートをとった場合には「浮気は絶対に許さない」という回答が比較的多いですが、ある程度年月を共に過ごした夫婦に同様の質問をした場合には「ばれなければ良い」「反省すれば良い」といった回答が多くなります。

これは恋愛と結婚の違いによる部分が大きいといえますが、結局のところ状況次第で相手に求める対応は変化するということに違いはありません。

ということは、いざ浮気や不倫が発覚した時にどのような対応をとるつもりなのかをはっきりとさせておかないと、事実を知ったうえで苦痛を感じながら関係を継続せざるを得ない状況に陥る可能性もあり得ます。

ただ、疑いを持っている中でストレスを感じる状況と真実を知ったうえでストレスを感じる状況はまったく違います。むろん、後者のほうがストレスは少なく済むので、そういった意味でリスク回避手段として選択することもできます。

真実が知りたいときの不倫調査

必ず信用できる探偵に不倫調査を依頼することが大切

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

不倫調査を請け負ってくれる探偵はたくさんありますが、その中ならばどれを選択しても良いというわけではありません。もちろん、業務として探偵業を営んでいる以上はある程度の成果が出るであろうことは期待できますが、こと不倫調査に関しては得手不得手が非常に大きく関係していきます。

不倫調査を得意としている探偵には数多く依頼が舞い込むことになりやすく、それだけ多くの経験を積んでいることが期待できます。

ただ、得意ではないものの依頼が入るから対応しているような探偵、または極力断るようにしている探偵などを利用して調査を行ったとしても、得意としている探偵に依頼した半分も成果が上がらない可能性もあります。

こういった情報はインターネットを使うことで比較的簡単に調べ上げることができます。必ず調査を行ったうえで相談しなければいけないというほどではありませんが、極力事前調査を行って信頼できそうな探偵を選択した方が大きなベネフィットを得られる可能性があります。

ただし、必ずしも不倫調査をした方が良いとは限らない

特に夫婦関係の継続は「信頼関係」によって成り立っています。恋人同士ならば、相手のことが信用できなくなった段階で別れるという選択が簡単にできますが、一度婚姻契約を結んでしまった場合はさまざまなしがらみや影響が関係してくるため、すぐには離婚の選択をすることができない場合もあります。

また、潔白な相手を疑って不倫調査を行ったという状況になってしまった場合には、「何もなくてよかった」という安心感を得られるのはもちろんですが、「潔白な相手を疑ってしまった」という自責の念に駆られる可能性もあります。

もし仮に、疑った挙句に不倫調査を行ったことが相手に発覚してしまった場合には、調査を行った本人が後悔するだけでは済まなくなります。

自身が疑われてしまったことが分かった段階で相手への信用が失われてしまうことがあるので、それを理由に関係が悪化して離婚に至るケースもないわけではありません。

そのため、安易に調査を依頼するのではなく、よくよく考えてから調査を依頼するようにしましょう。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、不倫調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*