不倫調査

不倫調査の料金相場の調べ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

パートナーに何かしらの怪しさを感じるようになったら、その印象をなかったこととして押し殺してしまうと強いストレスを感じることにもなり兼ねません。日常的に人はストレスを感じながら生活をしているとはいえ、「不倫や浮気」によって感じるストレスは日常にあるそれとは明らかに違う影響を及ぼします。

「信じることができない」と感じるようになると、仮に不倫や浮気の事実がなかったとしても「すべてが怪しい」と感じるようになってしまいます。すると、相手との信頼関係が崩壊してしまう、それこそ相手の不倫を助長する結果にもなり兼ねません。そうなる前に、白黒はっきりさせるために不倫調査を利用するのも非常に有効な手段といえます。



不倫調査は比較的高いことが多い

探偵に不倫調査を依頼すると当然料金が発生します。ただ、料金は一律ということではなく、調査内容やその期間などに応じて変化していきます。大まかな料金を想定するうえで「相場」を参考にすることはできるものの、多くの探偵は独自の基準でもって料金を設定しているため、あまり参考にならないと思っていた方が賢明です。また、比較的料金は高くなることも認識しておくべきでしょう。

相場の調べ方としては、「インターネットにある情報」を参考にすると効率的です。インターネットでは、日本全国にある探偵業者の大まかな料金を調べることができるので、それを基にしておおまかな相場を推測できます。ただ、それはあくまでも「基本料金」に過ぎず、実際に掛かる料金はそれ以上になる可能性が高いことを踏まえて考えることが大切です。

実際に利用した人が公開している口コミや体験談を参考にして、内容と費用のバランスをチェックするのも有効な方法です。

不倫調査の料金相場の調べ方

料金を節約するためにできること

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

料金の調べ方についてはあまり問題はないでしょうが、「最終的に費用がいくらになるのか」を明らかにする方法は必須です。一応、先に紹介しているようにインターネットなどで情報を集めることで料金の推測は可能になりますが、最終的に費用がいくらになるのかはそこでははっきりとさせることができません。なぜなら、最終金額は調査内容や期間によって大きく変わってしまうからです。

費用の大小に関係なく、「結果さえ得られれば良い」という考えならば何も問題はありませんが、そうではなく費用の大小(コストパフォーマンス)についても重視したいと考えているのであれば、コスト削減の方法を知ることも必要です。

コストを節約する方法として有効なものは、「探偵の負担が少なくすむ内容」を意識することです。たとえば、調査期間が1か月に及ぶものよりも1日で終了するもののほうが料金は安くなりやすく、リスクを負う調査よりも簡単にできる調査のほうが安くなります。

負担の大きさも重要だが結果のほうが重要

調査内容、料金、信憑性、正確性などさまざまな要素が関係する不倫調査ですが、結局のところは「真実が確実に明らかになること」が重要です。高い費用を支払ったとしても結果が出なければ意味がなく、安い費用で済んだとしても結果が出なければこれも意味がありません。料金の大小は依頼する側にとって非常に大きな問題ですが、それだけにこだわり過ぎてもいけません。

一応相場を確認しておいて、そこから実際に掛かる費用が妥当かどうかを判断するようにし、ただ単に費用だけを見て「高い」「安い」という判断をすることは避けた方が無難です。また、特に指定しなかった場合は探偵が無制限に費用を吊り上げることもあり得るため、あらかじめ「この範囲でやって欲しい」と希望しておくことも大切です。

また、探偵によっては「成功報酬のみ」で請け負ってくれる場合もあります。その場合、結果が出るまでに余計な出費を支払う必要がなく、結果が出なければ支払い自体がなくなることもあるのでおすすめです。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、不倫調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*