不倫調査

浮気の疑いがある時の不倫調査について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

パートナー(配偶者、恋人など)に対して「異性の影」が見え隠れする場合、「探偵による不倫調査」によって真実を明らかにすることも検討する必要があります。浮気の疑いがあったとしても、そこを責めることなく関係を継続していくこと自体は可能です。しかし、パートナーのことを疑ったままで良好な関係が継続することは稀です。

つまり、浮気の疑いを持ったままではパートナーと破たんしてしまう可能性が高いので、以降も長く関係を継続していきたいと思っている場合、または事実関係をはっきりとさせていち早く次に向けたステップを踏み出したいと思っている場合などは、特に探偵の不倫調査を積極的に利用する判断が有効に働いてくる期待が持てます。



探偵による不倫調査の内容とは?

不倫調査を依頼する場合、ほとんどは「探偵」を頼ることになります。「興信所」と呼ばれるところへ調査を依頼することもできますが、この二つは似て非なるものだと言うことをよく覚えておくことが大切です。

具体的な違いを説明すると少々難しくなってしまうので割愛しますが、簡単に言うと「調査対象者(この場合はパートナー)に対して身分と目的を明かして調査を行うかどうか」の違いです。調査対象者に対して、誰がどのようなことを調べたがっているのかを伝えたうえで調査を行う状況になってしまうと、その時点で疑っていることが明らかになってしまいます。

これによって事実関係がはっきりしやすくなる効果もありますが、「疑われた」という事実が元で相手を信頼できなくなってしまうことも十分にあり得ます。「クロ」だった場合はそれでも特に問題はないかもしれませんが、「シロ」だった場合に余計な軋轢ができてしまうことは得策とは言えません。

証拠を確保できるかどうかがポイント

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

パートナーが浮気をしているかどうかに関係なく、不倫調査を依頼した場合には「結果」が出ます。調査対象者を探偵が数日~数か月間尾行して怪しい動きがあるのかどうかを確認し、疑わしいと思われる動きを見せた場合にはその内容を調査し始めます。分かりやすく言えば、「自宅外の個人宅に入っていく」「ホテルに入っていく」「異性と会っている」などの状況の有無を確認します。

ただ、これらの状況を確認できただけでは「浮気」「不倫」という事実を確信するまでには至らないため、確実に何らかの不貞行為が行われたという確証を得る必要があります。他人宅に入った場合にはその家の家主、家族構成などを調査して誰と会っていたのか、何の目的で会っていたのかを調査することになります。

そして、その事実を写真や動画などに残すことができて初めて「証拠を掴んだ」といえるため、このような結果が出ることがとても大切です。そのため、依頼者が敢えてパートナーが浮気をし易い状況を作り出して誘導することも必要になります。

依頼する調査機関は信用できるところを選ぶ

地域性などにもよりますが、探偵業者を複数選択できる状況は少なくありません。そもそも選択肢が少ない状況であればそれほど苦労することもないのですが、選択肢が多くなればなるほど「何を根拠に選択するのか」が重要なポイントです。

世の中に探偵業を行っている個人、法人はたくさんありますが、そのどれもが同程度の能力を持って業務を行っているというわけではありません。非常に高い能力を持った探偵が調査を行っている状況もあれば、逆に能力に不安が残る探偵が調査を行っている状況もあります。

最終的に必要な情報が手に入りさえすれば良いとは言っても、その過程でパートナーに不倫調査を行っている事実が発覚してしまえば意味がありませんし、同じ結果を得るために1週間で済むところを 1年かかってしまうようでも意味がありません。

不本意に調査の事実が発覚してしまい関係が悪化すること、必要以上に調査期間が長くなってコストがかかることなどを避け、最も良い状況で不倫調査を行えるように対処することが大切です。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、不倫調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*