人探し

GPS機能を利用した人探しの手段

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

「人探し」を行う理由はさまざまですが、たとえば「最愛の人と生き別れてしまった」「初恋の人を見つけ出したい」「借金を踏み倒して逃げている人を見つけたい」などの理由が考えられます。基本的に人探しをしようと思う人の理由はネガティブなものである可能性が高いものの、中にはポジティブな理由で人探しをしようと考えている場合もあります。

どのような理由で人を探すのであれ、「どういった方法があるのか」はよくよく考えておいた方が賢明です。というのも、状況に応じて手段を変更しなければいけないわけですが、基本的に行方知れずになっている人を探し出すことは簡単なことではないからです。そのため、時には探偵を利用して探すことも検討することが大切です。




素人が人探しをする方法

人を探す際に選択できる方法としては、素人とプロ、そして専門機関ではまったく異なります。当然ながら専門機関(警察や公安など)が調査を行った方が対象者を発見できる可能性は高いのですが、一個人の私情で人を探したいからといって専門機関が動いてくれる可能性はまずありません。

たとえば、時代を代表するような出来事に関与している人物に関する情報を持っている場合など、非常に特殊な状況の場合はすぐに専門機関が介入してくる可能性もあります。ただ、そういった状況はほとんどないに等しいものである以上、基本的には「一般人が選択できる方法」を駆使して人を探すことになります。

具体的にどのような選択肢があるのかというと、最も簡単かつ可能性が高いものとしては「探偵に依頼する」という方法があります。専門機関ほどの調査能力はないにしろ、探偵も十分に高い調査能力を有しているので素人が独自に探そうとするよりは遥かに期待が持てます。
GPS機能を利用した人探しの手段

GPS機能を活用した人探しの方法

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

自身に近しい人物が失踪してしまった様な場合には、その人が所有している携帯電話やスマートフォン、またはそれに類似する電子機器に搭載されているGPS機能を利用して所在を突き止めることができます。

もっとも、端末を所有している人間がGPSを機能させていることが必須ですが、その条件をクリアしてさえいれば「マップアプリ」などで居場所を特定することができます。

探偵や警察などは、人探しをする際に「関係者の車などにGPSを仕込む」という方法をとることが少なくありません。車の底面部に小型のGPS発信機を取り付け、その車が移動した範囲を把握してアジトを探り当てることもあります。

ただ、GPS機能を利用して人探しをするためには、対象者と接触することが必要になってしまいます。失踪してしまった後では到底叶わないので、「会える間に空いてのモバイル端末にGPS操作可能なアプリを仕込んでいく」などの対策が必要になります。

いわゆる「遠隔操作アプリ」について

GPS機能を活用して対象者の居場所を特定することが可能ではあるものの、その人が端末のGPS設定をオフにしてしまえば何もできなくなってしまいます。あくまでもモバイル端末がGPS電波を発している状況でのみ居場所を探ることができるわけですが、この機能をオフにすることは誰にでも簡単にできてしまいます。また、電源や電波状況によっても探れなくなる可能性があります。

持ち主の意図によって可能性が絶たれてしまう可能性がある方法ですが、それを強制的に無効化する方法もあります。それが「遠隔操作アプリ」といわれているものです。

これはある種の「ウイルス」に類似するものもありますが、アプリをインストールした端末を遠隔操作することが可能になります。本来の目的は「子どもの監督」などですが、あらかじめこのアプリを相手の端末に仕込んでおくことができれば、それを使って相手の居場所を強制的に探ることも可能です。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、人探しのコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*