人探し

人探しの具体的な方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

家出した子どもや疎遠になって連絡先がわからなくなった友人や知人、別れた元交際相手などを人探しをしたい場合には、具体的な方法としては大きくわけて2つの方法があります。

自分で探す場合と警察や探偵事務所などの外部に依頼する方法です。連絡先がわからなくなった友人や知人などであれば、比較的自力でも探し当てることができやすいです。

しかし、探している相手が自発的に行方をくらました場合には、居場所がわからないように自分の情報を消していることも多く、自力で探すのが難しい場合もあります。人探しを行うときの注意点としては、自力で探すにしてもプロに依頼するにしてもなるべく早く調べることが相手が見つかる可能性が高まります。




自分で人探しをするときの具体的な方法としてはアプリを活用する

探偵や警察などのプロに依頼せずに自分で人探しをする具体的な方法としては、スマートフォンを利用する方法が一番効率がよいです。

スマートフォンのアプリで人探しに有効なものとしては、「line」や「twitter」「Facebook」などが代表的なアプリです。

まず、一番普及されており、メールよりも現在は友人や知人とのやりとりでなじみがある「line」には人を探すときにも利用ができます。ラインでは、相手がメールアドレスを変更していても相手の携帯電話に登録されている自分のメールアドレスに反応します。

そのため、相手が自分のメールアドレスを削除せずに登録しているままの場合には、相手の昔のメールアドレスからともだち欄に浮かびあがる可能性があります。

「twitter」は、たくさんの不特定多数の人のつぶやきを閲覧できるため、その中から同姓同名の人を検索して見つけられる可能性があります。「Facebook」は、海外の若者にユーザーが多いため、留学先で知り合った友人や知人の行方を調べるのに有効です。人探しの具体的な方法について

探偵に人探しを依頼する場合

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

自力で探す場合は、費用がかからないのがメリットですが、時間や労力がかかるのがデメリットです。また、素人が人探しを行っても限界があり、なかなか見つからないことの方が多いです。

警察は、事件性の高いもの以外ではあまり積極的に人探しを行ってはくれないうえ、行方不明者届も家族や親族、上司などの深い関わりがある人しか提出することができません。

そのため、初恋の人探しや連絡先がわからなくなった旧友などを探すときには費用はかかりますが、探偵に依頼するのが早道です。探偵事務所では、人探しの料金体系を大きく分けて「完全成功報酬型」と「時間計算型」「日割り計算型」の3つになります。

一番料金が高いのが完全成功報酬型で人探しに1か月ほど時間を要した場合には、300万円から1000万円ぐらいかかることもあります。料金は、失踪した相手の情報量の有無や失踪してからどのくらいの期間が空いているかなどの状況に応じて変わってきます。

事件性がある場合は警察に

未成年の子どもや失踪する理由が見当たらない家族などが行方不明になった場合には、事件や事故に巻き込まれ可能性が高いです。その場合には、警察に捜索を依頼するのがよいです。警察に人探しの依頼をする場合には、行方不明届を提出しますが、この行方不明届には2種類あります。

まず、行方不明になった相手が書き置きのメッセージを残していたり、失踪する直前に家族と喧嘩するなどの家出する理由がある場合などの事件性が低いと判断されるケースは「行方不明者」として分類されます。

そして、幼い子どもや鬱病を患っていて誘拐や自殺などの事件性が高いと判断されるケースに対しては「特異行方不明者」として分類され、捜査本部が設置されるなどの積極的な捜査活動が行われるのが特徴です。

事件性の低い「行方不明者」の場合は、巡回パトロールや補導などで見つかるケースが大半で、基本的には積極的な捜索活動は行われず見つかる可能性は低いです。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、人探しのコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*