人探し

人探しを探偵に依頼する方法と流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

人探しの方法はさまざまありますが、日常的に会えるような状況で「一時的に所在が分からない」というような状況ではない限りは、そう簡単に人探しを成功させることはできません。

たとえば、お金を借りたまま音信不通になってしまった様な相手を探し出すとなれば、およそ個人が対応できる範囲を超えています。このような場合、人探しの専門家である「探偵」を利用する方法がおすすめです。

ただ、ほとんどの人は探偵を利用したことがなく、生涯一度も利用せずに済んでしまうことが普通です。

しかし、世の中にはたくさんの探偵がいることからも分かる通り、依頼は日常的に舞い込んできています。そうでなければ仕事の体を成さなくなってしまう以上、一定以上の需要があることは間違いありません。




まずは探偵を絞り込む

人探しの理由がなんであれ、その依頼を探偵にお願いする場合には「どこにお願いするのか」がひとつのポイントです。地域性なども関係するため、必ずしも複数の選択肢があるとは限りません。

ただ、二つ以上の選択肢がある中から選び出さなければいけない状況は非常に多いため、その中からどれを選択するのかを決める根拠が必要です。

基本的には「良い結果、期待通りの結果が得られる可能性」を重視して選べば良いだけなのですが、結果だけではなくコストも考慮しなければ、本当に満足できる結果を得ることは難しくなってしまいます。つまり、「適切な基準を持って探偵を選ぶ」ということが求められるわけです。

この判断をするための基準となるのは、「情報」です。簡単にいえば「利用者の満足度が高いかどうか」を参考にすると良いのですが、これは体験談などの事実を基にしている情報を参考にすると判断がしやすくなります。ある程度絞り込みができたら、最終判断に向けて流れを作っていきます。

人探しを探偵に依頼する方法と流れ

情報を基にして選択肢を限定するときの注意点

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

探偵を厳選する基準として「体験談」などが有効であるとは言え、ただ単に体験談を集めれば良いというわけではありません。「事実」に基づいた体験談を集めて参考にすることが重要であり、それを基にして客観的に判断をしていくことになります。

この段階である程度、具体的なイメージが湧くような状態にまでなっていることが理想的ですが、それはより具体的な内容を聞いてからでも問題ありません。というよりも、むしろその情報がないうちは最終判断をすることができないと言っても過言ではありません。

ある程度選択肢が限定されてきた後は、その選択肢を実際に利用して最終的な判断をする基準を得ます。要は、相談をしに行って印象をチェックしたり、実績や料金体制などを確認することが必要だということです。

相談だけならば無料で利用できるところが多く、この段階でコストを意識する必要はそれほどありませんが、中には有料の場合もあるので注意が必要です。

後悔しないようにしっかりと考えることが大切

一旦、相談をして具体的な情報を確保した後は、その情報を基にして判断します。料金、実績、調査内容や信用性などを考慮して客観的に判断をすることが重要だと言うことを意識しつつ、場合によっては匿名掲示板などを使って限定的な情報を収集することなどもしながら判断をすると効果的です。

最終的に2~3件を順位付けて決めて置き、上位から順に相談をしに行くという流れが理想的です。最終的な内容を基に契約内容を詰めていく段階で決裂してしまった場合のことを踏まえて複数件の候補を用意しますが、ここまでに多くの検討を行ってきているので基本は1位の候補で決まってしまうことが多いです。

ただし、最終結果は終わった後でしか評価することができません。多くの人が支持している選択肢を選んだ場合でも期待通りの結果にならない可能性はもちろんあります。

逆に、多くの人が「ダメ」だと判断している場合でも、自身が利用した場合に限っては理想的な結果を得られる可能性もあることを覚えておきましょう。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、人探しのコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*