人探し

生き別れの家族を人探しで見つける難易度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

離婚後会えなくなった父や母、独立して家を出たお子さんと音信不通になっているなど、生き別れの家族の存在を気にかけている方もいるのではないでしょうか。できるならすぐにでも、再会を果たしたい方も多いことでしょう。

生き別れの家族を探し出したいという方は、早めに行動に移すことをおすすめします。人探しをする場合は、時間の経過が非常に重要なポイントになります。

時間の経過とともに、情報の価値は薄れていくものです。自分自身や交流のあった人物の情報もあいまいになってきます。くわえて、本人がひとところに、とどまっているとは言い切れないので、転々と住まいを変えている場合はさらに情報は得づらくなっていきます。それに、年齢を重ねるとともに人の顔、体躯は変わっていくからです。

では、どのようにして生き別れの家族を探せばいいのかというと、自分で探す方法と警察に行方不明者届を出す方法、探偵に依頼する方法があります。


“https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TPISU+7286EI+1T7S+UABJL” target=”_blank” rel=”nofollow”>

生き別れの家族を自分で探す方法

生き別れの家族を探す場合、まず考えられるのは自身で行動を起こすことです。知り合いを訪ねて情報を集め、立ち寄りそうなところを探していきます。

さらに、家族なので市区町村にある役所を訪れて、住民票や戸籍附票を確認してみるという方法もあります。住民票には現在の住所地が記載されていおり、戸籍附票は住所の移転履歴が記録されている書類です。ここから、現在住んでいる住所を絞り込んでいくという方法があります。

この他にもビラを作成して配布したり、新聞広告やSNS、掲示板に書き込みをするという方法も考えられます。しかし、この場合は個人情報を公に拡散してしまうことになるので、家族の社会生活に負担をかけることになるかもしれません。名前が世間に広まってしまうと、生活に支障が出る可能性も考えられます。

このような方法が、自身で家族を探す方法として考えられますが、個人で行動できる範囲には限りがあり、ネットの情報は、真偽を見極めるのは難しいものがあります。また、住所地を移していない場合は、住民票や、戸籍附票も役には立ちません。
生き別れの家族を人探しで見つける難易度

警察に家族を探してもらう

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

警察に、生き別れになった家族を捜索してもらう、というのも考えられる方法です。何か困ったときに頼りになり、相談できるのは警察です。家族なら警察に行方不明者届を出せます。警察は全国にネットワークを張り巡らしており、一般市民が持たない権限も有しているので、精度の高い人探しが可能です。

家族がいなくなったときに、部屋に争いをしたような形跡が残っていたような場合なら、素早く届け出を出したほうがいいでしょう。このような場合なら、捜査本部を設けて、捜査が開始されることが大半です。

しかし、警察は事件性のある場合でないと積極的には動いてくれません。両親が離婚をして居場所がわからない、お子さんが独立して転々として居場所がわからないといったケースでは、事件性のない人物として取り扱われてしまいます。
このため事件性のない人物については、街を巡回中に見かけた場合に、声をかけるといった場面が訪れることに期待する他ありません。

探偵に家族探しを頼む

このように自身で家族を探す難易度は高く、警察に頼んだ場合でも特殊なケースを除いてはあまり期待できません。このため、人探しをする場合多くの方が、探偵に依頼しています。探偵には事件性のない人物の場合でも捜索をしてもらえ、依頼をした瞬間から調査に動いてくれます。

探偵の業務で多いのは浮気調査の次に人探しで、ノウハウもあり経験も積んでいるプロです。熟練した調査で聞き込みを地道に行い、手がかりをつかんで依頼者の家族を探します。また、探偵同士にはネットワークもあり、情報をつかみやすい環境にもいます。

くわえて、探偵は守秘義務を果たさないといけないため、自身と家族のプライバシーも守られるでしょう。情報を発信する必要が無いので、本人の情報を公にする必要もありません。

このように現実的に考えて、探偵に生き別れの家族探しを頼むのが最善の方法だと考えられます。生き別れの家族を探しているという方は、探偵社に一度相談をしているといいでしょう。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、人探しのコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*