人探し

自分で人探しをするコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

どうしても会いたい人がいると言う人は多いのではないでしょうか。自分で人探しをするのは大変です。探す人にもよりますが、何の情報もなく見つける事は難しいです。

しかし、インターネットの発達により以前よりも比較的簡単に人探しをする事は可能になりました。相手の個人情報が分かるのであれば、個人レベルであっても見つけることが可能です。

探偵を雇うにしても、それなりの情報とそれなりのお金が必要になってしまいます。相手がどこの会社に勤めているか、どこの学校を出ているのかなどの情報があれば人探しのハードルは少し下がるといえます。

また、行方不明者の捜索に関しては、警察が動いてはくれますが腰が重い傾向があります。そんな中で、人探しをする際にどういったアクションをすれば良いのかをご紹介いたします。




家出した家族の捜索について

家出をしたのが未成年であれば、まずは警察に届け出をしましょう。未成年であれば、警察も動いてくれます。事件に巻き込まれた可能性がある際や、失踪した家族の動きからそういったことに巻き込まれてしまう可能性がある場合は警察が動いてくれます。

しかし、成人をしていて事件の可能性が薄い場合はなかなか警察は動いてくれません。さらに被害届を出したとしても、それだけで終わってしまい特別捜査になる可能性は非常に低いといえます。

その場合に家族ができる事は、心当たりがある場所へ赴いたり、失踪者の中の良い友人や恋人に行方を尋ねることです。家族には言えないけど、友人や恋人にであれば場所を言っている可能性もあります。

また、家族がいなくなってからすぐに探偵事務所に頼ることをお勧めします。なぜなら、失踪してすぐであれば事件に巻き込まれている可能性も低く、見つかる可能性が時間が経ってからよりも高いからです。
自分で人探しをするコツ

メディアを使って人を探す

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

見つけた人がどこに住んでいるかの情報や名前しかわからない場合や、外見しかわからない場合はインターネットの人探し専用の掲示板を使ってみることをお勧めします。人探し専用の掲示板では、いろいろな地域の人から情報を集めることができます。

どこにいるのかわからない場合で、写真がある場合などは目撃情報を得られるかもしれません。いろいろな地域の人から情報を得られることで、探し人に近づくかもしれません。自分で人探しをするのは大変です。

自分の足だけで探し人の行方を見つけようとする事は、砂漠に落としたコンタクトレンズを探すようなものです。途方もない時間と手間がかかります。インターネットの掲示板では随時、人探しの情報が溢れています。また、テレビ番組でもありますが失踪者の行方を探す専用の番組があります。本当に探していて、どうしようもない場合は多くの人が見るテレビや、インターネットを利用することをお勧めします。

恋人が突然いなくなった場合についての探し方

最愛の人が姿を消してしまう事はとても悲しいことです。それは自分の意思からなのか、それとも何か事件に巻き込まれてしまったのかわからない場合は不安なのではないでしょうか。

まずは恋人の家族にいなくなってしまった旨を伝えましょう。心配している旨を伝えれば、もし恋人が実家に戻っていた場合など教えてもらうことができるでしょう。

また結婚していない場合、警察に被害届を出すことができるのは家族のみです。なので、家族への連絡は1番にするべきです。そして、恋人の仲の良い友達や、会社の同僚などに行き先を知らないかを聞くべきです。もしかしたら、手がかりになる情報を持っているかもしれません。

突然いなくなってしまった場合は、 1日様子を見て、戻ってこない場合は探偵事務所に頼りましょう。事件に巻き込まれていた場合は、初動のスピードが大切です。
もしもの時のために迅速な行動ができるように普段からシュミレートをしておくと良いでしょう。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、人探しのコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*