人探し

高齢者の失踪の特徴と人探しの難易度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

高齢化社会の現代において、家族の中に介護を必要としている人物がいることは稀ではありません。特に、痴呆や認知症などの患者がいる場合、一時でも気を抜くことができないという家族もいるのではないでしょうか。昨今では、高齢者の徘徊や高齢者の失踪などが跡を絶たず、家族が懸命に捜索しています。

一日中見張り続けることは簡単なことではなく、夜中に急に家を飛び出し、どこに行ったのかもわからない状態になる為、家族は不安で落ち着かなくなるでしょう。

警察も捜索はしてくれますが、実は高齢者の失踪は簡単なものではなく、難易度が高い捜索になると言われています。今回は、高齢者の失踪の特徴と人探しの難易度について詳しく解説していきます。




高齢者の失踪の特徴とは

高齢化社会の現代において、高齢者の突然の失踪はかなり闇が深い問題と言えます。子供とは違い、高齢とは言え大人ですから、自らの意思で家から出てしまい、そのまま失踪してしまう為、見つけることが難しいのです。基本的に事件性がなければ、警察も積極的には動いてくれません。これが人探しの難しさと言えるでしょう。

特に高齢者の中には痴呆や認知症などになっていることが多く、自分の名前や住所などを把握していないことがあります。その為、例えフラフラと歩いているところを保護されてもどこの誰かを把握するのが難しく、家族に連絡が来るまでにかなりの時間を要するとも言われているのです。

その為、失踪してしまうと、身分証などを持ち歩いているわけでもありませんので、どこの誰かがわからないまま、ただ保護されるという形になってしまいます。何年も行方が分からなかった家族が数年後に見つかったなどという話は珍しくないのです。

高齢者の失踪の特徴と人探しの難易度

人探しの難易度はどれぐらい?

素人が自分で人探しをしようとしても限界があります。その理由は情報量の少なさにあるでしょう。また生活を送りながらの人探しというのは時間に制限があります。このようなことから、探偵に依頼するという家族も多いようです。

探偵にとって人探しというのは日常的な業務の一つであり、たくさんの実績があります。情報が少ないながらも、情報網を駆使したり、経験的な勘を働かせたりし、捜索に当たるでしょう。

しかし、認知症などの高齢者の場合、自分のことすらわからない為、見つけるのがとても困難であると言われています。人探しの中でも難易度は高いと言えるでしょう。

身分証どころかお金も持たず、着の身着のまま出て行ってしまうことも少なくないですし、大人であることから思っている以上の距離を移動している場合もあります。その為、捜索範囲を広げなくてはいけないこともあり、捜査が思っているようにいかないこともあるようです。

人探しに役立つ方法とは

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

最近ではSNS上での人探しも増えています。スマートフォンの普及により、SNSというツールを使っている人が増えたからできることです。失踪した人物の名前、失踪した日、その当時の服装、本人の写真などを添付し、拡散してもらうことでたくさんの人の目に触れます。これも一つの人探しの方法と言えるでしょう。

ただし、プライベートなことですので方法を間違えてしまうとトラブルになってしまうこともあり、使いどころが難しいのが難点。

やはり、素人が付け焼刃で捜索するよりも、プロに依頼する方が早いかもしれません警察などと平行して探偵に依頼することで、より広い視野で捜索してもらえるでしょう。高齢者の場合、体力がないので早い段階で見つけてあげることが必要です。もし自力で見つけることができなかった場合はすぐにでも行動を起こしてください。命に関わってしまう可能性もありますので、早急に動くことが大切でしょう。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、人探しのコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*