人探し

人探しの難易度の定義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

どういった状況で、人探しを行おうとしているのかにもよりますが、そもそも「人探しの難易度は非常に高い」ということを覚えておくことが必要です。それを踏まえてなお、人探しを行うつもりであるならば、「どのような手段があり得るのか」を良く知っておく必要があります。

一個人が選択し得る人探しの方法として、最も目的を達成できる可能性が高い方法は「探偵に依頼する」です。およそ個人ができる範囲の調査能力を、遥かに超えた調査を可能にするのは「プロ」であり、その筆頭が探偵です。

ただし、のっぴきならない事情がある状況で人探しをする場合には、「警察」に協力してもらえる可能性もあります。その場合は、極端に難易度が下がることになります。




友人や家族の所在を探りたいとき

たとえば、昨日まで交流があった友人や家族が突然失踪してしまい、その人を何とかして探し出したいという状況であれば、難易度としてはそれほど難しくはありません。その理由としては、「それまでに生活してきた痕跡などから足取りを掴みやすい」「失踪して日が経っていない」などがあります。

もしも、友人が突然いなくなってしまったとして、その友人がどこに行ったのかは、ある程度推測することが可能です。たとえば、以前に話題に出ていた土地や場所がないかどうかを思い出してみたり、普段、利用している移動手段が何かを思い出すことによって、ある程度の方向性を絞り込むことができます。

日常的に、公共交通機関を利用している人の場合、失踪にも公共交通機関を利用している可能性が非常に高いので、最後に所在が確認できた段階から、できなくなるまでの監視カメラの映像などを提供してもらうように頼めば、意外なほど簡単に行き先が分かってしまうこともあります。
人探しの難易度の定義

過去に交流があった人を探したいとき

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

日常的に近々まで親密な交流があった状態ならまだしも、過去に交流があった程度で、数年~数十年も交流がなくなってしまっていた人を、探そうとするのは非常に困難です。その人の名前や年齢、過去に所属していた会社や大学、サークルなどの情報を持っていれば良いのですが、その情報自体が、古く参考にならない可能性もあります。

極端に期間が空いている相手を探すことは、困難を極める可能性が高いのですが、現在はそういった状況でも簡単に居場所を特定できてしまう可能性もあります。その理由は「SNS」が普及したためです。

SNSを利用すると、そのサービスを利用している人に関する情報はすぐに手に入れることができます。特に、「地元が同じ」「共通の友人がいる」など何らかの共通点がある人物を優先的に探していくと、探している相手にたどり着ける可能性があります。

また、そういった環境では「情報提供が得やすい」という特徴もあります。

特定の条件を満たす人を探したいとき

ここまではすべて、「何らかの関係を持った相手」を探す場合の説明をしてきました。

ただ、人探しをする状況には「まったく見ず知らずの人」を探すことになる状況もありえます。状況的にどういった場合が考えられるのかは別として、このような場合は「顔写真」程度の情報を持っていないと探し出すことは非常に難しいです。

顔と年齢、そして名前が分かれば、個人を特定することは難しくありませんが、名前だけでは同姓同名の人と区別が付きづらい場合もあります。顔が違えば判断をすることが難しくありませんが、年齢などによっては、「似ている顔」がたくさんある可能性もあり、たまたま同姓同名の人が似ている顔つきをしている可能性もあります。

どのような方法で人探しをするのかを判断する際には、自身が知り得る情報の多少によって判断を変えることも必要です。

また、自分一人で探すのか、それとも協力者がいるのか、または専門機関を利用するのかをよく考えることも大切です。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、人探しのコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*