人探し

人探し専門業者の探し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

人探し調査は探偵などの専門業者に依頼する方が効率的です。中でも人探し調査に特化している専門業者に依頼すると、見つかる可能性は高くなるでしょう。人探しを専門とする事務所を探す時のポイントにはいくつかあります。

例えば名のある事務所かどうかが重要です。有名だったり大手探偵事務所の場合、浮気調査はもちろん人探し調査などの業務を行っています。大手だと全国に拠点を設けているところが多いので、捜索範囲が拡大したり、全国的な聞き込み調査が可能です。

人探しの実績が多いかどうかも重要で、案件をどれだけこなしていたり、実績がどれだけあるのかも注意しましょう。事務所の中にはテレビ番組からの依頼を受けて、調査を行っている事務所もあり、このような実績は事務所のホームページなどに記載されているので参考にすることができます。解決実績が多いほど、信頼できる事務所となるでしょう。




機材や調査員の数が重要なポイントです

人探しを行うのに適した機材を導入しているかポイントです。プロとして人を探すのに、ただ歩き回るだけでは効率は悪くなります。

対象者の足取りを掴むため、最新式の機材を導入したり、使いこなせているかも重要になってきます。例えば樹海や人が入れそうにない場所でも、人を探すことができる機械を所持していたり、カメラを設置できるかどうかも確認すると良いでしょう。

調査員の数も大事な判断材料で、探偵事務所にどれだけ多くの調査員が在籍しているかも重要になります。人を探しす場合、調査に関係する人員が多ければ多いほど、早く調査を進行することができたり、効率良く調査を行うことが可能です。

反対に、所属している調査員の数が極端に少なかったり、時間や場合によっては導入できる調査員の数に限界があるようでは、対象者を早期に発見するには難しいかもしれません。

事前に事務所をよく調べておき、対象者を見つけることができる能力があるかどうかを確認しておきましょう。

人探し専門業者の探し方

尾行や張り込みなどを行います

対象者を探すには尾行や張り込みなどを行います。最近ではインターネットから対象者の個人情報を収集したり、独自のネットワークなどを利用して行方不明事件と関係しているような人物をピックアップしたり、その人物を張り込みしたり尾行したりして、対象者の行方に関するような手がかりを入手します。

警察犬による人探しも行われており、警察犬学校で訓練を受けた警察犬や探偵犬、行方捜索犬などを導入し、警察レベル並に人探しを行う事務所もあるそうです。

警察の場合、かなりの事件でないと警察犬が出動することはありませんが、事務所の場合依頼者が必要だと申し込みすると、警察犬を手配してくれたり、優れた嗅覚を使って対象者の足取りを掴むことができます。

聞き込みを行ったり、ビラなどを作成し掲示したり配る方法もあります。誘拐などの事件に巻き込まれているかもしれない場合、容疑者の人物に聞き込みを行うと対象者に危険が及ぶかもしれないので慎重な行動が必要です。

探偵事務所として適切かどうか確認しましょう

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

人探しを専門に業者を選ぶ際、いくつか注意しておいた方が良いポイントがあります。
例えば探偵業の届出がきちんと提出されているか確認しましょう。探偵業法に基づいて、国に届け出することが義務付けられており、無届業者は摘発対象になります。

行政処分を受けていないかも重要です。公安委員会では探偵業法の違反などによって、営業停止命令や廃止命令などを行った業者を公表しています。

料金設定も大切で、相場と比較して高額な料金設定なら、怪しんだ方が良いでしょう。実際に話してみて質問にきちんと対応してくれているかもポイントで、調査料金や方法などを質問しても教えてくれなかったり、調査基準があいまいだとその業者を信頼するには難しいかもしれません。

ベテラン調査員でも調査に絶対は存在しないので、見つかりにくかったり調査が行えないようなケースなど、誇大広告を行わない正直に説明する探偵事務所に依頼すると良いでしょう。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、人探しのコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*