人探し

車両ナンバー調査から分かることと人探しの難易度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

何らかの理由で人探しをしている人は少なくありません。人探しをしている人は、例えば身内がどこかにいなくなってしまった場合などが多くなります。また、お金を貸してその人がどこかに逃亡してしまった場合も人探しをすることになるでしょう。

人を探すのは、それほど簡単ではありません。一見簡単そうに見えるのは、住所や電話番号などが事前に分かっている場合です。そのような場合であれば、現地に訪れればやがて本人に会うことができるでしょう。

ですが何一つわからない場合は、個人で行うのも大変になります。個人で行っても10年から20年かかってしまうことも少なくありません。
そこで、その場合には探偵を利用して人探しを依頼するのがよいでしょう。




人探しはどの程度難易度が高いか

人探しを探偵に依頼する場合でも、依頼をしてから1週間程度で見つかる場合もありますが、その場合は運がいいと思ってよいでしょう。多くの場合は、探すことに困難をきわめます。

特に情報が少なければ少ないほど難しくなるといってよいでしょう。家族や友達の場合はまだ事前に情報をたくさん持っていますので、特別難しいわけではありません。

ですが、旅先で会った人にどうしてもお礼を言いたい場合などは、なかなか出会わない可能性があるでしょう。よりできるだけ早い段階で人を探したい場合は、早い段階で人探しの依頼をすることです。時間が経過するが経過するほど相手を探すのが難しくなります。

人を探す場合は、車両ナンバー調査なども行いますが、人づてで見つけていくことが多くなります。人づてで見つけていくときは、時間が経過すると、重要人物が既に他界して、十分な情報を得られないことがあるでしょう。事前に持っている証拠と時間の早さがカギになります。
車両ナンバー調査から分かることと人探しの難易度

車両ナンバー調査からわかること

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

人づてではなく、車両ナンバー調査を行う場合があります。そもそもどのような場合、車両ナンバー調査を行うべきか気になる人もいるでしょう。

少なくとも探している相手は自動車を所有していたことが必要になります。例えば、家族を探す場合でも普段から自分の家族のナンバープレートを気にしている人は少ないかもしれません。ですが自動車保険などが自宅にあれば、探すことは可能になります。

また、保険証などはなくても写真などがあり、そこにたまたまナンバープレートが撮影されていれば、探すことは決して難しくありません。ナンバープレートが分かっており、そこから相手を探す場合には、警察に行くのではなく運輸局から情報を入手することになります。運輸局であれば、ナンバープレートの情報などを一通り手に入れているからです。

仮に、ナンバープレートがわかりその人の住所と関連させることができれば簡単に見つかりそうな気がしますが、現実はそれほど簡単なものではありません。

違法になってしまうこともある

ナンバープレートは個人情報になります。まだ個人情報にうるさくなかったころは、運輸局でもナンバープレートに関する情報を教えてくれました。それどころか、かなりどうでもよいことまで教えてくれることもあったのですが、最近は個人情報にうるさくなったため、あまりナンバープレートからわかる個人情報を教えてくれることが少なくなりました。

つまり、運輸局から情報を得ることはかなり困難になったといえるでしょう。下手をすれば違法性が高くなってしまいます。そのため多くの探偵では運輸局から情報を手に入れるのではなく、別のところから情報を手に入れることがあります。

どのようなところから協力を得るかといえば、車のディーラーや弁護士などから情報を得ることがあります。車の車種がわかれば、そのディーラーに確認をすることで、情報を開示してくれるかもしれません。

また地味な方法ですが、ナンバープレートからある住んでいる地域が特定できますので、そこから同じ自動車はないか探すこともできるでしょう。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、人探しのコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*