人探し

人探しと所在調査について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

「家出をした家族を見つけて欲しい」「恩師にもう一度会いたい」「過去に一度だけ会ったことがある人にもう一度会いたい」「ケンカ別れをしてしまった友人を見つけ出して欲しい」など、ある特定の人物を見つけ出して欲しいという依頼を叶える探偵の仕事が「人探し」、または「所在調査」です。

探偵が請け負う仕事の多くが、この人探しや所在調査であり、人気のある事務所ほど人探しの能力が充実していると言えます。もちろん、人気のない事務所でも非常に高い調査能力を有している可能性もあるので、大手や人気のある事務所ばかりを優先して選択しなければいけないということではありません。あくまでも「期待度」「可能性」の問題で大手のほうが優先されやすいだけです。


“https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TPISU+7286EI+1T7S+UABJL” target=”_blank” rel=”nofollow”>

探偵に人探しを依頼する意味

人探しを行うためには、探偵を利用すると非常に効率的で結果も出やすいです。ただ、必ずしもそうしなければいけないということではなく、個人で対応しても問題はありません。それによって求めている結果が得られることが分かっているのであれば、あえてコスト負担の大きな探偵を利用する必要はありません。

ただ、確証がない場合や個人では対応する時間を確保することが難しい場合などは、専門手段を用いて調査を行うことが求められます。なぜならば、人探しの性質によっては一刻を争うものがあるためです。

数年以上行方知れずになっている人を探す分にはまだ良いのですが、数日前に家出をしてしまった家族を見つけようとする場合や、痴ほう症などが原因で、徘徊している家族を見つけようとしている場合には、一分一秒が惜しまれることもあります。発見するまでに要する時間次第で生死を分ける結果になることもある以上、迅速な対応が求められます。

探偵に人探しを依頼するときの費用

個人で人探しをする場合にも相応のコストが必要です。車で移動しながら聞き込みをするならばガソリン代や食事代がかかり、ビラを配って探すのであれば紙代や印刷代がかかります。

また、これらの行動を起こす労力も発生してくるため、非常に大きな負担を負いながら行うことになります。しかし、探偵に調査を依頼するならば、基本的に個人が負う負担は費用のみで済みます。

ただし、その費用も小さな負担ではすみません。探偵に調査を依頼するときの料金は、おおむね「時給換算で1~2万円」といわれています。このうちわけには、人件費、備品費、移動費、食費などさまざまな経費が含まれています。つまり、一日8時間の調査を依頼した場合には8~16万円ほどの費用がかかってしまうため、調査期間が長期に及べば100万円以上になることもあります。

そのため、やみくもに探偵を利用しようとすること自体を避け、計画的に利用することが求められます。

コストパフォーマンスを重視する意味

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

自身の大切な家族や最愛の人、思い出の人などを見つけ出したいという希望はもちろんあるでしょうが、その希望を叶えるために負うべき負担は多岐にわたります。精神的な苦痛などを感じることになるのはもちろんですが、それ以外にも金銭負担や時間負担などを負う必要があります。

どれほど大きなコストがかかったとしても目的の人物を見つけ出したいということであれば良いのですが、見つけ出したいという気持ちは山々だが費用が捻出できなさそうだというときには、「コストパフォーマンス」を意識して手段を選択することが求められます。

用が高いほど、結果が出る可能性も高くなるという認識が一般的ですが、費用が高くとも結果が出る可能性が低い場合もあり得ます。逆に、費用が安くとも結果が出る可能性もあるので、頭ごなしに「安いところは結果も出ない」と思い込まないようにし、しっかりと内容を把握したうえで判断することが大切です。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、人探しのコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*