人探し

人探し調査の種類について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

昔の恩人や音信不通になっている友人など、人を探したいと考えた経験はないでしょうか。本当にそう強く感じるなら、探偵に人探しの調査を依頼するのがおすすめです。人探しに対して、どのようなイメージを持っていますか。実は人探しと一口に言っても、いくつかの種類に分類できます。

分類の方法はさまざまですが、種類ごとに探し方やリスクが異なるので注意が必要です。今回は居場所を隠されていないケースと、隠されているケースに分けて紹介します。ほとんどの人探しは、このどちらかに分類されるといっても過言ではありません。そして最後に、意図的に隠そうとしていないけど、諸事情で簡単には分からなくなっているケースについても解説します。




居場所を隠していない場合の調査

対象者が居場所を隠していない場合は、探偵であれば簡単に見つけられることが多いです。友人や恩人などが引っ越しをして、居場所が分からないケースなどが該当します。親が住んでいる実家に聞きに行ったり、卒業名簿などを入手したりすることで痕跡をたどるだけで分かるケースがほとんどです。それだけ簡単であれば、自分でも探せると感じる人も多いのではないでしょうか。

しかし親と顔見知りでなければ怪しまれますし、卒業名簿も卒業生でなければ入手するのは困難です。たとえ対象者が居場所を隠していなくても、一般人が探すのは難しいケースは少なくありません。それに対して探偵は、調査のためのノウハウやスキルを有しています。怪しまれることなく情報を聞き出す話術や、卒業名簿を手に入れるルートなどを持っていたりするのです。またSNSなどのインターネットを利用して探すような最新のテクニックもマスターしていると考えられます。

人探し調査の種類について

対象者が隠れている場合の調査

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

居場所を意図的に隠されていると、一般人が見つけ出せる可能性は非常に低いです。たとえば借金があって雲隠れしている人物や、家族が嫌いで家出をした子どもなどの場合です。見つかりたくなくて逃げているので、明らかな痕跡を残しているケースは稀です。実家にも行き先は話しませんし、SNSなどにもヒントになるような情報は書かないのが一般的です。

もちろん住民票なども移動させないので、公的な記録をたどっても見つけられません。さらに難しいのは、見つける前に調査していることを知られると、難易度が飛躍的に上がってしまうことです。警戒を強めて、ますます見つかりにくい場所に移動してしまいます。人探しでは最初に自分で探してから、探偵に任せる人が多く見受けられます。

しかし、それでは最初の段階で探していることを知られかねません。そのような事態を避けるため、自分で探すことをせずに最初の段階から依頼するのが得策です。

トラブルで行方不明になっている人の調査

対象者が意図的に隠していなくても、居場所を突き止めるのが困難なケースがあります。自然災害に巻き込まれたり、第三者に連れ去られたりすると、そのような事態になりやすいです。このケースの人探しには大きな問題点があります。それは対象者が自分の意思で隠れているのか判断が難しいことです。自然災害の起こった場所にいたという情報や、連れ去られた目撃情報があれば判断しやすくなります。

しかし、実際にはそのような情報がまったく得られないことも少なくありません。そのような場合は手掛かりが皆無の状態で調査するので、簡単には見つからず長期化することが予想されます。どれだけ時間をかけても、必ずしも発見できるとは限りません。素人が独力で見つけるのは、ほとんど不可能であると考えたほうが良いでしょう。前述の2つのケースより依頼料が高く設定されているのが一般的ですが、本当に見つけたいなら任せるのがおすすめです。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、人探しのコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*