人探し

ツイッターで人探しをする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

「家族や友人がいなくなってしまった…」そんな時にはまずは近くを探して、徐々に捜索範囲を広めていくのが普通です。「あの人ならこんな場所にいそう」という見当をつけて探すこともあります。

しかし、それだけでは見つからない確率の方が高いです。たとえその場所にいたとしても、必ずしもタイミングよく探しに行った時にその場にいてくれるとは限りません。

人探しのためには多くの人手と大変な労力がかかりますが、今の時代であればネットワークを活用して人探しをすることもできます。SNS(ソーシャルネットサービス)のツイッターを使って探す方法です。いったいどういう方法でツイッターを使って人探しをするのかを、ここでは見ていきます。


“https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TPISU+7286EI+1T7S+UABJL” target=”_blank” rel=”nofollow”>

ある程度の情報が得られる

ツイッターは、呟くことで情報を拡散します。「こんな人を探しています」と書き込むとその呟きがタイムラインに発信されます。自分をフォローしてくれている人ならば、その人のタイムライン上にリアルタイムに呟きが表示されます。

もしフォロワーがいなくなった人を見かけたら、だいたいの年齢などを教えてもらうことができるかもしれません。確率は非常に低いですが、何もしないで待っているだけはできないという時には有効です。

フォロワーが多い人であれば、膨大な人のタイムライン上に探しているという情報を載せることができます。さらにフォロワーがその呟きをリツイートしてくれれば、そのフォロワーのフォロワーにも情報を拡散させることができます。ツイッターを使うと瞬時に全国に情報を広げることができます。

拡散するほどいなくなった人の情報が見つかる確率が高くなるので、探偵などに依頼する前にやってみてもいいでしょう。
ツイッターで人探しをする方法

昔の友人を探すこともできる?

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

ツイッターは匿名なので個人情報が本物かどうかは定かではありません。しかし、昔の友人を探しているというようなケースであれば、だいたいの年齢や住んでいる情報の手がかりが得られる可能性があります。「あの人っぽい呟きだな」などという情報が得られれば、手がかりをつかめるかもしれません。

人によってはツイッターで本名で登録して呟いている人もいるので、そういう人ならすぐに見つかるでしょう。ツイッターの位置情報をオンにしている人であれば、何か呟いたときにGPSの機能でその人の位置情報が確認できるので、それを参考にして探すこともできます。

ただし、ツイッターよりも別のSNSの方が昔の友人を探すのに向いています。他のサービスでは本名で登録する必要があるSNSがあるので、探すならこちらを利用してからにした方がいいでしょう。色々なSNSサービスを活用して、少しでも情報をつかんでいけば相手を探し出せる可能性があります。

SNSで見つからなければ探偵に相談しよう

SNSで見つかる確率はゼロではありませんが、匿名性が高いツイッターだけで人探しをするのは大変です。人探しをしている情報が拡散されて、面白半分で「あっちにいた」「こっちにいた」などと嘘の呟きを返してくる人もいます。

世の中には心無いことをしてくる人もいるので、全てを信じてしまうような人は注意した方がいいでしょう。本当の情報かどうか、もらった情報は信じられるかどうかなどを確かめて行動することが大切です。

SNSを使っても見つからないのであれば、探偵に相談しましょう。探偵に相談すると高いお金がとられますが、費用対効果は高いです。ちゃんとした捜索技術を持っている探偵事務所に依頼すれば、素早く安全に探している人を見つけられるでしょう。

探偵に相談したいけれども、どこに行けばいいのかわからないという時はまずは窓口となってくれる無料相談を利用するといいです。どこに行けば適正料金で探してもらえるのかを教えてくれます。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、人探しのコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*