人探し

人探しのための着手金について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

人探しを行う際、探偵に依頼をする際は、着手金という物が必要になります。依頼内容が成功するか、成功しないかに関係無く、かかる費用ですから、探し人が見つける前に、かかる費用として把握しておきましょう。請求内容は探偵社によって様々ですが、人探しにかかる諸々の費用として、先に請求される物になります。

例えば、調査を行う人材が出張する為に必要な費用や、調査中に使う交通費や車の燃料代等です。中でも大きな部分を占めているのが人件費で、調査に当たる人数分だけ必要になります。人探しの費用は基本的にこの着手金と成功報酬とを合計した額になるでしょう。

金額は一定ではなく、探偵社毎に設定額が異なっています。基本的に、調査にあたる人材が多くなるほど、高くなるという点は覚えておきましょう。


“https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TPISU+7286EI+1T7S+UABJL” target=”_blank” rel=”nofollow”>

着手金と一緒に支払う料金

探偵に依頼して人探しをする際は、着手金と一緒に支払う料金があります。例えば、成功報酬との組み合わせは人探しを依頼した事が無い方にとってもわかりやすい物でしょう。人探しが成功した際に、報酬として支払いをする料金になります。ただし、探偵社によって、成功のラインや定義が異なる点に注意しましょう。

成功報酬制の場合、探し人が見つかっていなくても、料金を支払う必要が生じる場合があります。完全成功報酬制としている、着手金が必要無い場合も同様です。

着手金だけでなく、時給を計算して支払う方法もあります。調査にあたる人材1人あたり時給何千円というように設定されていて、調査を行う人材が多くなるに応じて、費用を加算して計算する形です。主に、大手の探偵社が採用している方法となっています。

最も分かりやすい料金体系として、定額料金制があります。1週間で20万円、2週間で40万円というように、調査が行われる期間に応じて、費用が決まっている方法です。いずれの方法であれ、必要に応じて諸経費が計上される事もあるので注意しましょう。
人探しのための着手金について

着手金を始め料金が明瞭な探偵社を選ぶのが大切

人探しに必要な料金は、探偵社によって異なりますが、料金体系と同じくらい、大切な問題として信用性があります。料金設定が明瞭であるかどうかを調べるのは大切な事で、いつ、どのような理由で、幾ら費用がかかるのかを最初に明確にしてもらうべきです。

例えば、着手金は事前に全て支払って、後に加算された分を支払う必要が無いのか。最初は部分的に支払って、後に追加して費用を支払っていくのか、といった違いがあります。調査を依頼する際は、契約書にサインをする形になりますから、内容は確実に把握しておきましょう。

後払いになっている場合は、追加料金が発生する条件に、特に注意が必要です。一時預かり金の設定の有無等も調べて、不明瞭な点が一切見られない、と判断できるだけの信頼性が確保できるか注意しましょう。利用料金が不明瞭で、あまり信用できないという場合であれば、依頼をしないという手段も考慮すべきです。

探偵社は多くありますから、候補は他にも選ぶ事ができます。

着手金以外の費用を安くする為には

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

探偵社に人探しを依頼する場合、着手金を支払う必要が多い所が多いでしょう。更に成功報酬や経費という形で費用を支払わなければいけない以上、できるだけコストを下げる為に必要なテクニックを覚えておく事が大事です。

例えば、人探しは思い立った時にすぐ行いましょう。探し人は、年月が経つほど跡を辿りにくくなり、調査に必要な日数や難易度が高まっていきます。調査日数が増えれば、それだけコストも高くなるので、できるだけ早く依頼をする方が、結果的に成功率が高く費用も安く収まります。

探偵社の公式サイト等で、費用の目安が掲示されていますので、内容を参考にして計画的に利用するようにしましょう。問い合わせや無料相談に応じている所もありますから、その際に、料金はいくらかかりそうか見積もりを出してもらうのも1つの方法です。

事務所で、実際の人探しの事例を見せてもらって、料金の目安を聞く事ができれば、人探しを依頼するに値する探偵社であるかどうかを判断する参考になるでしょう。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、人探しのコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*