人探し

人探しをする時に役立つ知識など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

「お金を貸した人がどこかに行ってしまって見つからない」「離れ離れになってしまった友達を探す」「昔の恋人を見つけたい」など、人探しをする理由も状況もさまざまです。どの程度の気持ちで人探しを始めているのか、見つからなかった場合にどういった結果になるのかをも含め、その方法やコツなどを把握しておくと効率的です。

基本的にどのような状況でも共通して参考にできる方法もあれば、特別な状況に限って輝く方法もあります。まずは基本的な方法とコツを覚えておいて、その知識を応用して個別の状況に対応させていく方が適応性が高まります。また、個人で探すことにこだわり過ぎず、探偵や警察などの専門機関の力を借りることも検討するようにしましょう。


“https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TPISU+7286EI+1T7S+UABJL” target=”_blank” rel=”nofollow”>

まずはどのような方法があるのかを把握する

人探しをするうえで覚えておかなければいけない知識として、「探す方法」が何よりも大切です。誰を探すのか、いつまでに探すのか、なぜ探すのかという「探すこと自体」に関係する事柄は個人で管理できていれば良いだけで、そもそもこの部分が曖昧なままで困難な人探しをする人はまずいません。何らかの理由があるからこそ「自主的」に探そうとしているわけです。

具体的な方法としては、「家族に聞く」「友達に聞く」「会社に聞く」「探偵に依頼する」「興信所に依頼する」「SNSで探す」「インターネット掲示板と使って探す」「テレビなどのマスメディアを通して探す」「警察に相談する」などがあります。

もちろんこれらの方法だけではなく、本来であれば効果的ではないとされているものでも状況次第では非常に効果的な方法になる場合もあります。形式的な方法を検討することはもちろん必要ですが、それにこだわり過ぎず臨機応変に考えることも大切です。
人探しをする時に役立つ知識など

個人でできる人探しの方法

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

いくつかある方法のうち、個人が行う方法として向いているものは、「SNS」「掲示板」などです。対象者の家族や友人などに知り合いがいる場合はそちらに聞く方法が非常に効果的ですが、これを行うためには特に親しい間柄である必要があります。

本来、それだけ近しい間柄の場合は行方不明になってしまう状況は起こりづらいため、個人で探すことになってしまう場合は選択できないことが少なくありません。そうなると限られた選択肢の中から効果的な方法を選択することになってしまうのですが、その中で言えばインターネットを活用した方法が非常に効果的だということです。

SNSならば本人が利用している形跡を確認することができるだけでなく、そこから友達を伝って本人の所在を見つけ出すことも期待できます。また、掲示板上に探している旨の書き込みをしておけば、それを見た人が協力してくれる可能性もあります。ただし、不特定多数が閲覧できる環境で個人情報を晒す行為は違法性が問われるので、必ずクローズドされた環境でのみ実行するようにしましょう。

探偵を利用するのは最終手段

個人でできる方法を駆使しても対象者を見つけることができなかった場合は、人探しのプロに依頼する方法を検討しましょう。要は「探偵」「興信所」「警察」などに協力を願い出るということです。

警察に関しては「事件性」を確認できないと協力してもらえないことが多いのですが、探偵や興信所に関しては「費用負担」さえ約束すれば調査に協力してもらうことができます。個人が素人知識で行うものとは比べ物にならないほど広範囲、高性能な調査を実行してくれるので、対象者を見つけられる可能性が高まります。

もちろん、いかなる手段を用いても対象者を見つけ出すことができない可能性もあります。ただ、その可能性もプロを利用することで限界まで小さくすることができるので、有効な方法であることに違いはありません。ただし、探偵や興信所を利用するためには高額な費用が必要になる可能性があります。そのため、よく考えてから決めることが大切です。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、人探しのコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*