身辺調査

キャッシングにおける身辺調査について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

日頃、いかに慎ましい生活を送っていても、急な出費があるような場合には、キャッシングを利用している人は少なからずいるはずです。

申込時には、審査をされることになりますが、重要なポイントは、借りたお金をしっかり返済できる能力があるか否かということ、過去に借金の踏み倒しや支払遅延を多発していたか否かが問題となります。また、特定の人の債務を調べる場合に、探偵や興信所に依頼する人もいます。

基本的に個人の金融情報については、消費者金融も含む金融業者に認められていますが、探偵には認められていません。探偵社の中には、貸金業者に依頼をして特定個人の金融情報を有償で得る場合もあります。

貸金業者の担当のモラルの欠如ですが、キャッシングに関わる身辺調査は誰にでもできると理解した方がよろしいです。

借りたお金をしっかり返済できるか否かが重要な調査

まず、キャッシングを利用する場合には、申し込み後すぐに、勤務先や勤続年数、年収などの確認をされます。最初はご自身の自己申告でよろしいのですが、必ず、会社への在籍確認を行います。

キャッシング業者にとっては、貸したお金をしっかり返済してもらえる能力があるか否かを重要視するからです。既に別のキャッシング業者から多額の借金があるような場合ですと、借金をすることができないケースもあります。

総量規制といい、年収の3分の1以上は借入ができないという法律があります。また、身辺調査の一環として、家族状況などを調べられる場合もあります。お子さんがこれから進学などを控えている場合には、将来返済できる能力が欠如する可能性もあるからです。

つまり、経済的に余裕がなければ、キャッシングを利用することができないと理解すべきです。キャッシングを利用する際に覚悟しておかなければならないことは、高い金利負担をしなければならないことです。お金を借りてすぐに返済できれば、金利負担は少ないですが、多額の借金を長期的にしますと、金利負担だけでもかなりの額になります。
キャッシングにおける身辺調査について

過去に金融事故を起こしていないかも調査

キャッシング業者が重視するもう一つのポイントとして、過去に金融事故を起こしているか否かということです。過去に借金をして、返済できずに任意整理をしたケース、また、リボルビング払いでの毎月の返済が何度も滞り、遅延利息などを支払った実績があるようなケースですと、利用者自身の返済能力がないと理解されても致し方ない状態です。

キャッシング業者のような貸金業者は、信用情報機関と言う組織から、金融機関は情報を得ることができます。利用使途が何で、いくら借金をしたのか、返済状況はどうだったのかということを瞬時に把握できるようになっているのです。

申込時に虚偽の申告をしましても、調べられたらすぐに過去の金融事故がばれてしまいます。気をつけなくてはならないことは、虚偽の申告をしたことや、キャッシングの申込をした実績までしっかりと、信用情報機関で管理されているということです。

複数の業者での借入れをすべきではありませんが、検討している人は、虚偽の申告は絶対にしてはなりません。

探偵や興信所が個人情報を得る手段

結婚相手や配偶者などの身辺調査をするために、探偵事務所や興信所に依頼をする人もいます。基本的には、貸金業者及び各種金融機関でないと、個人の金融情報を得ることはできませんが、事務所によっては、貸金業もしており、すぐに金融情報を理解できることもあります。

また、探偵の仕事を専門にしているような場合でも、モラルのない貸金業者の一担当者に依頼をして、個人の金融情報を入手するケースもあるようですので、身辺調査を正式にされたら、ご自身の個人情報のほとんどが判明してしまうということを理解しておくべきです。

しかし、キャッシングを利用していたとしても、多額の借金でなく、過去に金融事故を起こしていなければ、それほど気にする必要はありません。余程の高収入な人でない限り、日々の生活の中で少しだけお金を借りたいこともあるからです。また、キャッシングを利用した方が、銀行を利用するよりもメリットがあるケースもあります。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、身辺調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*