身辺調査

学歴等の身辺調査は探偵事務所に依頼!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

昨今では学歴などの詐称行為が度々報道されています。企業においては1度雇用を始めた後に、詐称が発覚すると企業のチェック機能が低いと世間から思われてしまいます。そのため、雇用前に明らかにしておくことが重要です。

学歴詐称の問題点は実際の学歴よりも高く思わせることだけでなく、虚偽の情報を提示していることに大きな問題があります。発覚後に企業も学歴詐称に気づかなかったと言っても、それだけでは済まないケースもあります。

いくら学歴に重要視しない企業であっても、自社で雇用する社員の情報には一定の責任を持たなくてはいけません。しかし、身辺調査には特別な知識や技術が必要となり、法的な部分もしっかりと押さえておく必要があります。

学歴調査を行うことの意義

学歴というものは企業によってはあまり重要と考えていない場合があります。しかし、その企業のサービスを受ける方の中には学歴を織り込んでいる方もおられるかもしれません。

有名大学を出ているからといってそれが必ずしもサービスの充実に繋がるわけではありませんが、1つの指標にしている消費者もいる可能性があるということです。また、学校の種類だけでなくそもそも高校に行っていなかったというケースまで存在します。

中退なのか、卒業なのかという点も明らかにしなければなりません。大企業の中には志願者があまりも多く、どこの学校を卒業しているかで1度目の選別を行っていることもあります。もし、嘘の大学名を記載した人物を合格させてしまうと、卒業した大学が理由で落とされてしまった方に非常に失礼ともなります。

このように嘘の情報を見破れなかった場合には非常に多くの問題を引き起こしてしまう恐れがあります。ゆえに探偵事務所に依頼することが重要となっています。
学歴等の身辺調査は探偵事務所に依頼!

調査を行うタイミングと内容

学歴調査を行うタイミングは採用前が基本となります。採用してからでは単純にタイミング的に手遅れであり、詐称を理由とした解雇には相応の手間がかかるからです。

しかし、採用前の志願者の段階で調査をするということは採用しない可能性のある人物まで調査するということになり、コストが多くかかってしまいます。そこで最終決定の直前に調査を行うのが一般的です。その際には学校の情報だけでなく、全般的な身辺調査を行うケースもあります。

何れにせよ、探偵に依頼をするのであればまとめて調査してもらった方が費用対効果が大きくなるからです。企業が独自に調査をしようとしても人件費やコストの割に、有用な情報が得られないこともあります。

各学校には卒業生の情報が蓄積されているはずですが、個人情報保護の観点からその情報が一般企業に開示される可能性は低いです。探偵には独自のノウハウがあるので情報収集が非常にスムーズに行われます。

法律の問題をクリアに

学歴調査を始めとする身辺調査は合法性はどうなのかと考える方もおられるかもしれません。学歴を調べるのは記載されている情報との整合性をチェックするということなので、一定の段階までであれば合法であると言えます。

しかし、踏み込んだ調査となると通常ならば個人情報保護法に抵触する恐れもあります。ただし、本人の了承を得ていれば問題はありません。探偵事務所では本人の了承を取る手順や法律に抵触しない手法、責任の所在の明確化などがしっかりと確立できているので安心です。

企業が独自に調べると法律の問題に引っかかってしまう恐れもあります。その点でも探偵事務所に依頼する合理性があると言えるでしょう。これらの調査は採用前に行うことが多いですが、採用後に素行調査を兼ねて行われることもあります。

採用前に健全だった人物が採用後に悪く変容してしまうケースをあぶり出すためです。調査では逆にそれぞれの人物の持つ良い特徴が見つかる場合もあります。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、身辺調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*