素行調査

素行調査では相手の前科まで分かる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

素行調査というのは相手を調べることで、あまり良い印象を持たない方が多いです。事実、自分自身が調べられていると考えると、良い気分がしないどころか不愉快さを感じるのが自然なことだと言えます。それだけに他人に対して行うのに躊躇する人も多いですが、時として必要なケースが出てきて、その場合には活用すると安心です。

対人の調査が必要となるのが婚約者など結婚を前提にお付き合いしている相手、お堅い企業に就職を考えている場合など、後からトラブルを起こさないようにする必要があります。一度契約してしまうと解消するのが難しくなるので、事前に調べておいた方が良いです。相手の前科なども分かるので、リスクを回避することができます。

結婚相手についてどこまで知っているのか
結婚相手について何もかも知っているという人は少なく、付き合っていく過程で少しずつお互いの気持ちや環境を知っていくものです。

過去を家族構成など自然に話していきますが、時として嘘をつくわけではありませんが、言いたくないことを隠す場合もあります。嫌われたくないから自分のすべてをさらけ出すことができない、この気持ちは誰でも持っていて、騙すつもりはなくとも意図的にそうなってしまう場合も出てきます。

ただ時として隠されている部分が結婚生活を妨げる場合も出てきて、最近になって多いのが奨学金という借金を負っている、ギャンブルの趣味がある、子どもがいて養育費を支払っているなどです。これらは礼儀として本来は相手に伝えなければいけない情報ですが、隠しておいても罪ではありません。

そもそも告知の義務は存在していないので、気になる時は自分から積極的に尋ねていく、調査などを行うことも必要になってきます。
素行調査では相手の前科まで分かる

今と昔は形式が違っています

現在の結婚は主に本人同士が決めますが、一昔前は家同士が行うと考えられていて、身元についてはかなり詳しく調査をして見極められていました。時代の変化と共に個人が重視されるようになりましたが、見合いなどでは今も釣書が必要ですし、場合によっては身上書を求められる場合も出てきます。

付き合ってきた本人はともかく、親は息子や娘の恋人について詳しく知りたいと思うのが自然ですし、法律的に家族となるのですから気になるのは当然です。

特に不信感や疑問を抱いた時には本格的に調べることも多く、探偵事務所や興信所では素行調査のサービスを提供しています。料金はかかりますが利用すると必要な情報を簡単に手に入れることができますし、場合によっては相手の前科なども分かります。

そこまでしなくてもいいと考える人もいますが、違和感があった時には事前に調べておいた方が良く、リスクを回避が可能です。結婚後に分かって揉めるよりも、事前の調査がおすすめになります。

企業によっては身辺調査が必要な場合があります

底調査が必要になるのは恋人や婚約者といった相手だけではなく、企業によっては社員に対して行う場合があります。

情報を取り扱っている企業はその傾向が高く、特に新入社員や転職相手に関してかなり細かく調べる場合が出てきて、今はSNSをしている人が多く、そのページをチェックして不安がある時には探偵などに身辺や素行調査を依頼する場合も出てきます。

社員は企業の顔であり、一人がトラブルを起こせば結果として会社のイメージを悪くしてしまい、今は情報漏洩に気を配っている人は多く、リスクを避ける傾向が高いです。

そのため履歴書や面接だけはなく、SNSのチェックを行い、さらに素行調査も行われます。リスク回避は大切で、そのために必要と感じた時には積極的に調査を行った方がよく、事前に知ることで揉め事を避けることができるはずです。プロに任せれば素早く必要な情報を収集してくれて、前科についても分かるので、安心感を得られます。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、素行調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*