素行調査

低料金から利用できる素行調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

探偵に素行調査を依頼するには、かなりの費用が必要と思い依頼をあきらめてしまう人もいます。
探偵に依頼をした場合、数百万円の費用を必要とする業者も存在しますが、業者によっては低料金での調査を可能にしてくれる業者もあります。

想像している以上に費用が安くすむ場合もありますので、見積もりを出してみてから依頼をするかを決めてもいいでしょう。見積もりから依頼までの間で気をつけなくてはならないのは、内訳を知っておく事です。
依頼前に内訳をしっかり確認しておかなければ、最終的にどのくらいの費用が必要かがわからない場合もありますし、必要以上のお金を請求されている事もありますので、損せずに依頼できる探偵を探しましょう。

どんな時に素行調査を考えるか

素行調査を検討する理由として、従業員や恋人、子供の行動が怪しいと感じた時に依頼を検討するようになります。素行調査をしなければ、不利益を被る事になってもいけませんし、その人の人生が狂う事になってもいけません。取り返しがつかなくなってからでは遅いですので、今後の為にも素行調査を検討する必要があります。

素行調査をする場合、どのような方法を使って行うかを考えなくてはなりませんが、自分で行おうとは考えないようにしましょう。自分で行った場合、調査に失敗する可能性が高いですし、調査対象者にばれてしまった時に相手から不信感を抱かれてしまいます。調査をするからには、相手にばれないのが大前提ですので、相手との関係を壊さない為にもばれずに行うようにしなくてはなりません。

相手との関係を壊さずに調査をしたいのであれば、探偵に依頼をして調査をするのが安心です。プロにお願いすれば相手にばれる心配も少なくなります。
低料金から利用できる素行調査

探偵に依頼をしても高くないのか

探偵に依頼をするのは、料金の問題から躊躇しやすくなりますが、すべての探偵が高額な請求をしてくるわけでもありません。探偵は高いのが当たり前と思い込んでいれば、料金を提示された時にそういう物だろうと思いがちです。

しかし高いのが当たり前ではなく、見積もりをいろんな業者から出してもらわなければわかりませんので、気になる業者に見積もりを依頼しましょう。調査案件によって、詳しく見積もりを出してみなければ実際にかかる費用はわかりませんので、ホームページの料金だけではいくら必要かははっきりわからないからです。

見積もりを出してみると、どこの業者が安いかがわかりますが、見積書で見なくてはならないのは、総合計の金額だけではありません。内訳をしっかり見てみると、他に削れる部分がないかがわかりますが、細かく内訳が出ていない場合には、指摘して確認をしてみなくてはなりません。内訳が細かく記されていないのは危険です。

見積もり書の内訳の確認

見積もり書でひとまとめにされている事が多いのが、諸経費です。諸経費とは、素行調査にかかる費用をまとめて記載されていますが、細かく記載されていなければ何にどれだけ費用が必要かがわかりません。宿泊費や交通費、燃料費などが含まれているとしても、必要以上に予算が組まれている場合があります。

必要以上の料金で計算されている場合には、もう少し費用の節約が出来るかを交渉しましょう。交渉次第では低料金で依頼できることもありますが、ただ指摘する部分もなしに値段交渉をしても安くはなりません。
指摘をしたり、他の業者と比較をする事によって値段を下げてもらいやすいですので、交渉術が必要になります。

低料金で依頼が出来れば無駄に支払う必要がありませんので、お得に依頼が出来るでしょう。探偵はどこに依頼をしても同じわけではなく、設定している料金に違いがあります。低料金で素行調査をしてもらい、気になっている事から解放されましょう。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、素行調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*