探偵事務所

弁護士より先に探偵事務所へ調査依頼した方がいいケースとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

裁判沙汰になる可能性を持ったトラブルが起きた、起ころうとしている時に、頼りになるのは弁護士です。逸早く相談をして対処方法をとっていくことによって勝訴の可能性が高まり、反対にモタモタしていて後手に回ってしまうと勝つのが難しくなってしまいます。

ただトラブルの内容によって、弁護士よりも先に探偵事務所に調査依頼をした方が良く、浮気や不倫がこの事案に当たります。浮気や不倫といったものは証拠集めが重要になり、疑いや推測といったものでは意味がなく、疑問を持った時にすぐに対処していくことが必要です。

最終的に法廷で争う場合でも、まずは弁護士よりも探偵などに調査を依頼して、事実の確認と証拠の収集を行うことが大切になります。

事実の確認が先決になります

パートナーの行動がおかしい、違和感がある、共に暮らしているからこそ些細なところにも気が付いてしまうものです。そして大体において浮気や不倫を疑うものですが、様子を見ていても確かな証拠は掴めないことが多く、苛立ってしまう人もいるかもしれません。

悪いことだと分かっているからこそ隠して、確信犯ほど巧みになっているのでなかなか事実を確認することができなくなります。

それでも疑いは確信に変わる場合もありますが、確かな事実が分からないと次のステップに進むことができません。最終的に離婚を考えている、今回は許すなど方法は人それぞれですが、大切なのは「本当に浮気や不倫をしているのか」ということです。

それゆえ今後を考えた時に、弁護士より先に探偵事務所や興信所に調査依頼をして事実を確認、同時に法廷で有利になるように証拠集めをした方がいいです。選択肢を広げるためにも、役立つ証拠を手に入れておくと安心できます。
弁護士より先に探偵事務所へ調査依頼した方がいいケースとは

調査は早めに行うことが大事なポイントです

パートナーに浮気や不倫の気配を感じ取った時、弁護士より先に探偵事務所や興信所に調査依頼をすることが必要です。気配や疑いといった曖昧なものでは意味がなく、自分の勘違いといった場合もあるので、まずは事実を確認することが求められます。さらに不貞の疑いが事実だった場合、法廷で有利に進められるように証拠集めも必要です。

注意点としては不貞行為を行っている時、相手も神経質になっているので配偶者の動きに気を付けています。それゆえ疑いを抱いているのに気付かれると、証拠隠滅を図ってくる場合もあるので、早めに対処した方が集めやすくなるはずです。また疑われていると行動も慎重になってしまい、事実確認ができなくなってしまう場合も出てきます。

今後を考えて弁護士に相談したい気持ちもあるでしょうが、その前に調査をした方が後々に役立ちます。大切なのは必要なことを早めに行っていく、これが大切なポイントです。

順序を守ることで有利に進められます

パートナーの不貞に関しては行動する順序によって有利さが変わってくるので、正しい方法を知っておくことが必要です。疑いの段階、または確信に近いものであっても、事実を確認する必要があります。

そのためには探偵事務所や興信所に調査依頼するのがよく、同時に法廷で使用できる証拠を集めておくと後に役立ってくれるので、同時進行するのがおすすめです。

そして事実を確認して、もしも不貞が単なる勘違いなら安心ですし、確かだった時には証拠が集まっているので今後の展開を有利に進めることができます。そしてこの証拠を持って弁護士に相談するのが良く、このまま婚姻生活を持続する、離婚を考える、どちらの方向にも進むことができるはずです。

大切なのは気になったらすぐに行動する、相手が油断しているうちに調査した方が上手くいきます。それゆえ依頼する相手の順番が大切になってきて、知っておくともしもの時に役立つので覚えていてください。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、探偵事務所を全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*