盗聴器調査

盗聴器調査で盗聴器が見つかった後にやるべき事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

盗聴器が仕掛けられているのではないかということで、探偵に依頼されるケースが増えています。
仕掛けられている理由というのは、その方との関係性にもよりますし、理由はさまざまです。
近年増えているストーカー被害において、盗聴器が仕掛けられているということはとても多いです。

自分で発見することは難しいこともあり、分かりにくいところに仕掛けられていることもありますので、探偵や興信所に依頼をする、というのは効率良く見つけることができる手段でもあります。
盗聴器調査を得意とする会社もありますので、相談してみましょう。

ちなみに盗聴器調査にかかる費用などは、それぞれの会社によって異なりますので、相場を調べて依頼すると安心です。

盗聴器調査で黒と出た場合、まず何をすればよいのか

やるべき事というと少し異なるかもしれませんが、盗聴器発見をした場合でも、すぐに相手に見つけたことを悟られないするべきです。盗聴器を仕掛けられたということは、その犯人がいるわけです。

誰かを特定するという上でも、もし仕掛けられたことがばれたということが、その犯人にわかってしまいますと、そちら側でも対策をたてられて逃げられてしまう可能性もあります。証拠隠滅をされる、逃亡される前に、犯人を特定したいということもありますので、できるだけ悟られないように行動をするようにしましょう。そういったアドバイスなども、探偵の方でしてもらえることも多いので、指示を仰ぐようにしましょう。

盗聴行為だけでは民事上では違法行為ですが、盗聴そのものだけでは、刑法では罰則ができないケースもあります。しかし、住居侵入罪と電波法違反に関しては違法とされて、罰則を与えることができることもあります。
そのため、盗聴器を見つけたからと言って勝手に外してしまわないようにしましょう。
盗聴器調査で盗聴器が見つかった後にやるべき事

盗聴器を見つけたら警察に通報する

盗聴器調査によって、発見した場合には、警察に通報するようにします。これは必ずやるべき事です。ストーカーの兆候がある場合には、犯人の目星がついていることもあるかもしれませんが、いったい誰が仕掛けたかわからないということもあるでしょう。そういった場合には、住居侵入罪などの罰則を与えることもできますし、不安なこともありますので、まずは警察に通報をして、調査をしてもらいましょう。

歪んだ愛情を持ったストーカーによる犯行、機密情報を手に入れるための犯行、行動を監視し安心したい親や子による犯行 、この3つは特に多く挙げられる盗聴器を仕掛ける主な理由です。もちろんこれ以外にもありますが、一番悪質といえるのがストーカーによるものです。そこから事件に発展してしまうこともありますので、注意が必要となります。

最悪な場合、命にかかわることもありますし、場合によっては一時的な避難や引越しをすると言ったことも考えておきましょう。

相手が判明したら慰謝料なども考える

すべき事といっても、相手と接したくない、というケースもあるかもしれませんが、住居侵入罪、ストーカー規制法違反にも関係してくることもあります。

仕掛けられた方は、精神的にも大きな傷を負うことになりますし、中には恐怖のあまり精神疾患や精神障害に悩まされるようになり、仕事にも行けなくといったケースもあります。警察だけに任せず、失われた精神的損害を取り戻すためには、専門家に相談して慰謝料請求をすると言ったことも考えていきましょう。

ちなみに、盗聴器の取り外しには、国家資格が必要になります。それを外すことは電気通信事業法に抵触することになります。コンセント裏であったり天井裏の電気配線が絡んでくる場合には、第二種電気工事士などの資格を持っている業者に相談することをおすすめします。

探偵会社の中には、取り外すことができる資格を持っている方もいますので、契約する際、事前に取り外しまでできるか相談してみましょう。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、盗聴器調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*