盗聴器調査

盗聴器調査の調査方法の種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

自分は盗聴器と無縁と感じていても、実は自宅などに仕掛けられている恐れがあります。技術が進歩したことにより、一見しただけでは盗聴器と分からないタイプが増えています。他の製品のようにカモフラージュされていて、盗聴器とは気付かずに身近に置き続けている人も少なくありません。

さらに盗聴器を仕掛ける人も多用化しているので、なおさら気付きにくくなっています。ストーカーのような怪しい人だけでなく、部屋の工事に来た人や仲の良い友人などが仕掛けるケースもあります。また家族や親族が仕掛けるケースもあるなど、いつ被害にあってもおかしくない状況といえます。そのような盗聴器を見つける調査方法には、どのような種類があるのでしょうか。

定番の場所をチェック!ノウハウに基づく調査

あまり知られていませんが、盗聴器が仕掛けられる場所には傾向があります。探偵はそれを熟知しているので、定番の場所を探すのが調査の基本となります。たとえば、コンセントに挿してあるタップの内部に仕込むパターンが多いです。

電気が供給されるので半永久的に盗聴できるからです。空調機や冷蔵庫など、何かの裏側に隠すパターンも多く見られます。置き時計など入手した記憶がない物の中に入っていることも珍しくありません。依頼者にそのような物がないか確認しながら、定番の場所を探していきます。

また依頼者のなかには、盗聴され始めると直感的に違和感を覚えるようになる人も見られます。そのため日常生活のなかで、変わったことがないか徹底的にヒアリングするのも重要な調査です。盗聴器調査というと、特別な機器を使用するイメージがある人が多いでしょう。しかし、このようにノウハウや情報収集に基づいた調査方法が根底にあるのです。
盗聴器調査の調査方法の種類

この方法が中心!検知器を使用した調査

目視で見つけられない場合は、盗聴器の検知器を利用します。最も有名な盗聴器調査の種類なので、テレビ番組などで一度は見たことがあるでしょう。検知器にはさまざまなタイプがあり特徴が異なります。以前は大がかりな装置のようなタイプもありましたが、今では片手で携帯できるような小型のタイプが主流です。

そのため家中を簡単に確認することも難しくありません。ただし下手にチェックをしようとすると、調査していることを犯人に知られてしまいます。そのため市販の検知器を購入して調べる場合は注意しなければなりません。

探偵であれば、犯人に気付かせることなく見つけるスキルがあるので安心です。気付かさせなければ、犯人を特定して逮捕に結びつけられる可能性が高まります。また市販の検知器のなかには、盗聴器以外の電波に反応するような信頼性の低い製品も存在します。それを考慮すると、やはり依頼して調査してもらうのが効率的といえるでしょう。

スマートフォンも要注意?情報端末を対象とする調査

盗聴器調査の方法は時代とともに変化しています。盗聴する方法が増えていくので、それに対応する必要があるためです。特に近年になって増加しているのが、スマートフォンを利用して盗聴する方法です。スマートフォンだけでなく、タブレットやノートパソコンなどの情報端末を利用するケースもあります。

それらに共通しているのは高度な処理能力を持っていることです。専用のアプリをインストールさせることによって、さまざまな悪事を遠隔で行えるようにします。たとえば音声だけでなく、いろいろなデータを送信させることも可能です。

個人情報もターゲットになりますし、付属のカメラを使って写真や映像も入手できます。そのため調査では、依頼者のスマートフォンをはじめとした情報端末を預かって、不審なアプリが入っていないかチェックします。盗聴とまったく関係のないアプリを装っている場合もあるので、専門知識がないと見破るのは困難です。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、盗聴器調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*