盗聴器調査

盗聴器調査で探偵を選ぶ時の基準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

地域共同体の絆が弱くなり、近所に誰が住んでいるのかも分からなくなってきた現代では、自分の私生活が筒抜けになってしまう盗聴器への対策も大切です。盗聴器調査は引越し業者などのサービスでもありますが、やはりプロの探偵による調査が有効な方法となります。

使用する機材だけで比較しても、素人が片手間で済ませる作業では市販品であるのに対して、探偵は専門的な機械を駆使しているのです。しかし、探偵事務所によって調査力に差があるので、探偵を選ぶ時の基準を知っておき、巧妙に隠された機器も発見できる盗聴器調査を行ってもらうのが重要なポイントになります。どのような時に依頼すると、より高い効果を得られるのかも、併せて学んでおきましょう。

盗聴器調査は電波を探知する機材によって行う

盗聴器とは、マイク等の集音装置によって集めた音を電波として発信する装置であり、受信機とセットで効果を発揮します。そのため、盗聴器そのものを取り外してやれば、それ以降は盗聴される心配はありません。

探偵を選ぶ時の基準の1つが、盗聴器への理解でして、質問した時にスラスラと答えてくれるかどうかで見極めましょう。浮気調査などの対人の調査は得意でも、電波といった電子工学系には弱い探偵もいるので、とっさに返答できないところは避けた方が賢明です。

電波を探知する機材は高いので、この分野に限っては、全国規模で展開している大手の方が圧倒的に有利になっています。一度機材を購入してしまえば、訓練を受けた探偵が繰り返し使用できるので、海外から輸入した、諜報機関でも採用されているレベルの本格的な機材もあるのです。発信されている電波を探知できれば、後はそのエリアを重点的に探すだけで、隠された盗聴器を見つけられます。
盗聴器調査で探偵を選ぶ時の基準

事前に最終的な金額が記載された見積もりをもらおう

探偵を選ぶ時の基準としては、盗聴器調査の見積もりのチェックも欠かせません。最終的な金額が記載された正式な見積もりを事前に受け取り、その内容を精査しましょう。盗聴器調査は実態が分かりにくい調査だから、インターネットの一括見積りサイトなどを活用して、平均的な調査料金を把握しておくのが賢い選択です。

主な費用としては、調査対象の部屋まで出張してくる調査員の人件費、機材を運搬して使用する経費がありますが、基本的に調査する場所の面積で算出されます。発見と撤去で追加費用がかかる探偵事務所もあるので、これ以上の追加料金は一切かかりませんなどの明記がある、会社名と担当者名が入った見積もりを書面でもらっておくのが鉄則です。

盗聴器は過去に設置されたものが放置されている事例が多いのですが、現在進行形で悪意がある人物から狙われている可能性もあるので、同時に盗撮についても調査してもらうことも検討しましょう。

実績が豊富な探偵事務所では高度な調査を実施してくれる

高度な知識とノウハウ、それに高価な機材を必要とするので、同業他社よりも徹底的に盗聴器調査をしていることがセールスポイントの探偵事務所もあります。現場までの出張費を惜しまないのであれば、盗聴器調査で実績が豊富で、調査手順を明確にしていて、日本全国に対応している探偵事務所に依頼するのも、1つの選択です。

盗聴器調査はデリケートな内容を含んでいて、依頼人の不安を増幅させやすい側面があるので、ちょっと探知機が反応したぐらいで決めつけるところはやめておきましょう。良心的な業者では、盗聴器について説明した上で、調査プランを提案して、後は相談者の判断に任せます。不安につけこんで、契約を急がせるのは、典型的な悪徳業者の手口だから十分に注意しなければいけません。

それから、盗聴器を発見した場合でも、その盗聴器調査によって見つけ出したのかは、その場に立ち会うことでしか判別できないので、調査では必ず調査員の一部始終を見ておくべきです。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、盗聴器調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*