盗聴器調査

盗聴器調査で盗聴器を仕掛けた犯人は見つかる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

盗聴器調査を依頼した結果、自分の部屋から盗聴器が見つかった場合、誰がその盗聴器を取り付けたのかと仕掛けられた被害者が感じるのは当然のことです。今まで誰かに自宅での会話などをすべて聞かれていたとなれば、形容しがたい怒りに襲われるのは当たり前であり、捕まえたいという気持ちになります。

この場合、盗聴器を仕掛けた犯人を見つけることができるかどうか、その部分に注目が集まりますが、いくつかの条件が重なればそれも可能であるとされています。

もし盗聴器調査を探偵に依頼し、もし見つかった場合に、盗聴器を仕掛けた犯人を探偵に見つけてもらうことは可能なのか、その場合、いくらぐらいの費用が必要なのかぜひとも知りたいところです。

盗聴器調査への依頼は誰にも言わない

テレビなどでは盗聴器の電波をキャッチし、自宅に上がりこんで盗聴器を探し出すということが行われていますが、探偵にその調査をお願いするケースも目立ちます。調査を依頼するまでには、盗聴していなければ知りえないであろう情報が漏れ出ているなどの体験をしており、日々の生活に恐怖を抱いてなんとか勇気を振り絞って依頼を出すケースがほとんどであり、その過程で盗聴器調査の依頼を知り合いに話す人もいます。

しかし、この場合、盗聴器調査の依頼を誰にも言わずにやってもらうのがベターです。可能性として、合鍵を持つ人、もしくは自由に出入りができる人が仕掛けた犯人である可能性が高く、それを周りに言ってしまったら盗聴器を外されてしまい、いたちごっこになる恐れがあります。

このため、もし盗聴器調査の依頼を探偵にする場合には誰にもその事実を伝えない、また、その連絡を部屋の中ではしないようにすることが求められます。
盗聴器調査で盗聴器を仕掛けた犯人は見つかる?

仕掛けた犯人が発覚するパターン

そもそも盗聴器の電波が飛ぶ範囲というのは限られており、数十メートルから数百メートルとされています。つまり、盗聴器の電波をキャッチするにはその範囲内にいることが求められます。盗聴器があり、今も稼働しているとすれば、その範囲内にいることは明らかです。

探偵などが調査を行っている際に怪しい車両がいたという場合、警察に職務質問をしてもらい、盗聴をしている現場を押さえることで、仕掛けた犯人が発覚するケースも存在します。

近年はデジタル盗聴器というものが登場し、日本全国で盗聴が可能になっています。遠隔操作で盗聴ができるため、こうなるとなかなか犯人を捕まえるということは難しくなります。そして、パソコンのwebカメラにスパイウェアを仕込み、知らず知らずのうちに盗撮が可能になっていることもあります。ただ、この場合はパソコンなどを詳しく調べていけば、場合によっては犯人を見つけることも可能です。

仕掛けた犯人が知り合いである可能性

よくありがちなケースとしては、別れた恋人などにプレゼントされたものの中に盗聴器が入っているということがあります。他にも家族のだれかが入ってきて、コンセントのところに盗聴器を仕掛けるということもあるなど、知り合いが実は犯人だったということが多いのが実情です。

もちろん、以前に住んでいた住人を対象にした盗聴だったということもありますが、無差別で行う犯罪ではなく、ほとんどのケースにおいて、仕掛けた犯人との関係性が存在しています。

そうなると、見つけるのはそこまで難しいわけではなく、防犯カメラなどを取り付けて、監視を強化すれば、ある日、盗聴器の様子を確かめに侵入をした犯人を見つけ、確保することが可能です。知り合いである可能性が非常に高いため、周りへの相談はできるだけ控え、盗聴をされていると感じたらすぐに探偵に依頼を出し、盗聴器調査をしてもらうぐらいのことをしないと仕掛けた犯人を特定することは難しいです。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、盗聴器調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*