盗聴器調査

盗聴器調査の依頼が増えている背景

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

探偵事務所への依頼というと、一般的にイメージされるのは、人探しやペット探し、浮気調査といった内容でしょう。しかし、近年では盗聴器調査を探偵事務所に依頼する人が、増加傾向にあるといいます。

盗聴器とは、室内にあるコンセントや、電話線などに取り付けることで、音声などを広い、電波によって発信する機器です。いわゆる「盗み聞き」ができる機器であり、様々なタイプの製品が開発されています。

映画やドラマなどには、昔から頻繁に登場していましたが、特殊な機器というイメージが強く、身近な存在として捉える人は少なかったでしょう。

なぜ近年、盗聴器について不安を感じる人が増えてきたのか、その背景にはどんな理由があるのでしょうか。

盗聴器トラブルは増加している?

盗聴器調査の依頼が増加している背景として、まず考えられるのが、実際に盗聴器を仕掛けられたなどのトラブルが増えている、ということでしょう。なぜ盗聴器トラブルが身近なものとなってしまったのか、その理由は誰でも気軽に購入できることにありそうです。

インターネットの通販サイトを利用すれば、店員に顔を見られることなく、誰でも盗聴器を買うことができます。また、専門店では非常に様々な種類の製品が取り扱われており、簡単なタイプのものなら、機械が得意でない人でも、取り付けを行なうことが可能です。

コンセントなどに取り付ける室内用から、車内の音声を盗聴するためのもの、一般電話を対象としたものなど、その種類は非常に豊富となっています。また、価格もさほど高額でなく、安価なものであれば2万円程度で、購入することが可能です。これらの製品が多数取り扱われていること自体が、盗聴器が広く使用されていることの現れかもしれません。
盗聴器調査の依頼が増えている背景

盗聴器を仕掛ける理由とは

手軽に盗聴器を入手できるとしても、普通は購入する機会もありませんし、当然仕掛けることもないでしょう。実際に盗聴器を手に入れ、使用している人の動機とは、いったいどんなものでしょうか。

盗聴器を仕掛けられている場所として、もっとも多いのは、一般的な家庭内だといわれています。こうしたケースでは、家庭内の人物による設置や、別れた恋人やストーカーによる設置が多いと考えられます。家庭内の場合、配偶者や恋人が日中、自分のいないときに浮気をしているのでは、という疑念から、盗聴器を設置するパターンが多いでしょう。自宅内であれば、いつでも好きなタイミングで設置ができますし、目的を遂げた後には、速やかに撤去できます。

また、上記以外の理由として、引越し時などに以前の住人が、興味本位で残していく、などのケースが考えられるでしょう。また、空き巣や泥棒が、家人の留守を確認するために、盗聴器を利用することもあるといわれています。

盗聴器調査を受けるメリット

実際に被害を受けている自覚がなくとも、盗聴器が手軽に入手できる現代、不安を感じる方は多くいるでしょう。自分の日常生活が、見知らぬ誰かに知られているかもしれない、そう考えると非常に落ち着かない気分になるものです。自分で探してみるという選択肢もありますが、現代の盗聴器は様々な形に進化しているため、詳しい知識を持っている人物でないと、なかなか難しいのが現状でしょう。

探偵事務所に盗聴器調査を依頼をして、そうした不安感を解消したいという方も多いのではないでしょうか。また、多くの探偵事務所は、実際に盗聴器が発見された場合、撤去作業についての相談も受付しています。

万が一、空き巣などによって盗聴器が仕掛けられていた場合、自宅を留守にしたタイミングで、盗みに入られてしまう可能性もあるでしょう。盗聴器調査によってその事実を確認し、速やかに撤去を行なうことは、防犯面でも大きな意味を持ちます。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、盗聴器調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*