盗聴器調査

盗聴器調査は自分でも出来る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

誰かに盗聴されているのではないかと不安になったことがある人も多いのではないでしょうか。特に賃貸住宅などに住んでいる方であれば、より不安は強いかもしれません。メディアなどでも盗撮に関しての特集が組まれることも多い為、気になっているという人は思っている以上に多いでしょう。しかし、自分では盗聴器調査ができないと思っていませんか。実は自分でも簡単に調査することができます。

今回は自分でできる盗聴器調査について詳しく解説していきます。ただし、すでに何らかの害が出ている場合や、もし見つかった時にどのようにしていいかわからないという人はその道のプロである探偵に依頼することがおすすめです。その点についても触れていきましょう。

自分で盗聴器調査をしてみましょう

帰宅した時、「いつもと違った気配がする」「家の中の様子がおかしい」など不安になったことがある人もいるかもしれません。その違和感を放っておくと、後で後悔してしまいかねませんので、その直感を信じることが大切です。よく、メディアなどでも話題になっている盗聴器ですが、実は簡単に取り付けられることから、身近な悪になっています。

通販サイトなどでは多種多様な盗聴器が販売されており、誰でも気軽に購入することができる時代になっている為、被害に遭っている方は年々増加傾向にあると言えるでしょう。そこで、自分で盗聴器調査をしてみたいという人もいるかもしれません。

こちらも通販サイトなどで簡単に購入することができます。専用の調査器を使用することで、どこに設置されているのかを音で教えてくれます。性能や金額に差はありますが、安い物ですと2000円程度で購入することができますので、まずは用意するところから始めましょう。

盗聴器調査は自分でも出来る?

盗聴器を発見したことが相手にバレないようにする

盗聴探知機を手にすることができたら、次にするのは部屋の調査です。盗聴器としてよく使用されているのが、コンセントタップのタイプ。こちらは一見普通のタップにしか見えない上に、電気も供給し続ける為、半永久的に利用することができるものです。部屋の中で気になる場所に向けて、探知機をかざしていきましょう。

中には音が強く出るタイプの探知機がありますが、もし盗聴器があった場合、それを取り付けた相手にバレてしまうと大変な事態になりかねませんので慎重に行ってください。また、もし盗聴器を見つけたとしてもすぐに壊すのではなく、そのままの状態にしておきましょう。

これは、その盗聴器を設置した人間をあぶりだすために必要なことであり、破壊してしまうとその足取りすらつかめなくなってしまいます。探知機を使用して調査する時には、なるべく一人では行わず、いつも通りの生活の中で行うようにすると設置した人間に気付かれることはありません。

探偵に依頼する方法もあります

一人で調査するのは怖いという方は、探偵に依頼することがおすすめです。彼らはその道のプロですので、設置した人間にバレずに調査してくれます。また、もし盗聴器が発見された場合、その後どうすれば良いのかのアドバイスもいただくことができるでしょう。

さらに、設置した人間を探してくれるのも探偵ならではと言えます。女性の場合、設置した相手がストーカーであることも多く、身の危険が生じてしまいますので、無理せず依頼することをおすすめします。自分で行えるとは言え、やはりその状態は非現実的なもので、動揺してしまう方が少なくありません。その為、冷静に調査してもらえる探偵は助かる存在なのです。

自分のプライベートを誰かに盗み聞きされていたという事実がわかると嫌悪感でいっぱいになってしまいます。そのような犯罪者を野放しにして良いはずがありません。きっちりけじめをつけてもらう為にも探偵に依頼することをおすすめします。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、盗聴器調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*