盗聴器調査

盗聴器調査の料金相場の調べ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

テレビの特集などで、探偵などが盗聴器調査を行い、電波を受信した家を訪問し、盗撮器があることを伝えて調査をしてもらうということがあります。この場合であれば勝手に押しかけて盗聴器をはずしてもらっただけであるため、費用は発生しませんが、通常の盗聴器調査は探偵などに依頼してやってもらうのが普通です。

この場合における料金相場というのは、様々な要素によって決まります。調査に必要な機材の問題やその家の広さだけでなく、盗聴器調査の後、仕掛けた犯人が誰なのか特定するまでを依頼するのであれば料金相場も大きく変わることになります。そのあたりの調べ方なども把握しておき、もしものときに備えておくことが求められています。

まず大事なのは調査能力

近年の盗聴器というのは巧妙になりつつあります。二股コンセントなど取り付けやすいものでは目につきやすいからと、最近ではパソコンのwebカメラに仕掛けたり、スマートフォンカメラを遠隔で起動させたりするなど、既存の盗聴器調査では見つけにくいような状態になっています。そのため、まず料金相場以前に、調査能力がしっかりあるのか、最近の盗聴器事情をしっかりと理解をしているのかという部分が問われることになります。

テレビでよく見かける特集では、ハンディタイプの発見器などで盗聴器を探す姿がありますが、あくまでも簡易的なものであり、実際の盗聴器調査はある程度大がかりなことが多く、それで見つけることができます。にもかかわらず、簡易的な調査を探偵がしている場合には調査能力が高いとは言えず、盗聴器を探し出すことができないことも考えられます。そのため、どのような手法で調べるのかというのを知らなければなりません。
盗聴器調査の料金相場の調べ方

盗聴器調査の料金相場はこうして決まる

そもそも盗聴器調査の料金相場は各社バラバラと言ったところです。そのため、内訳としてどういうものがあるのかを知ることがまずは求められます。一番の比重を占めるのが人件費です。この場合は調査員に支払われる賃金であり、ここにお金がかかります。調査員は特別な訓練を重ねており、盗聴器調査のエキスパートと言えます。

次に機材費です。盗聴器調査の機材というのは高価なものは本当に高価であり、それによってそれまで発見が難しかったタイプのものも発見できるようになっています。

他には研究費や広告費なども含まれ、利益に相当する部分はあまり多くはありません。ただ、利益の部分を多くし、機材に安いものを使うところもあるため、機材と調査員の力量というものが費用を大きく左右すると考えてよさそうです。安くしている分、機材も調査員も質が悪いということもあります。一方、高い分、それだけ質がいいということもあります。

料金相場の比較のやり方

ただ単に料金だけで比較をしようとしても、使っている機材も違えば、調査員の教育方法も違うため、値段だけで比較をすることははっきり言えば無謀です。そのため、使っている機材に着目し、同じような機材を使っている業者同士で比較をすることで本当の意味での料金相場を知ることができます。その中で安いところを探し、そこに任せれば、安い値段で質のいい調査をしてもらい、盗聴器の発見に結びつけることが可能になります。

また、どこまでの調査をするのかということを具体的な数値を交えてしっかりと示しているかどうかというのも大事なポイントです。優秀なところであれば、このレベルまで調べているというのを数値を交えて示すことができる一方、安さだけを売り出すところはそのあたりのことがあやふやです。

テクニックとしてどう見つけていくかというものが提示されていない以上、なぜ安く見つけることができるのかという根拠に欠けるため、そのあたりに注目が必要です。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、盗聴器調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*