盗聴器調査

盗聴器調査での盗聴器の発見率

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

探偵などに盗聴器調査を依頼したら、すぐに見つけてくれるだろうと誰もが思ってしまいます。しかし、完全に盗聴器を見つけてくれる、発見率100%と謳う探偵事務所ほど怪しいものはなく、どんな優秀なところであったとしても発見率を100%と称することはありません。つまり、盗聴器調査を依頼したからといって絶対に見つけてくれるとは限らないということです。

盗聴器調査に長けているところの特徴には機材と調査員の質の良さというものがあり、これが発見率に大きく関係しています。大事なことは、なぜそれだけ発見率がいいのか、その根拠はどこにあるのかという部分であり、どのようにして調べていけばいいのか、盗聴器調査を依頼する前に知っておきたい部分です。

発見率が100%と言えない理由

以前の盗聴器というのはアナログタイプが主流であり、ちょっとした機材さえあればすぐに見つけることができるため、発見率が100%だと言ったとしても、それだけの根拠があったのも事実です。しかし、現在は盗聴器の進歩が著しく、いわゆるステルス盗聴器と呼ばれるものが登場しています。

他にもデジタル盗聴器、遠隔操作ができる盗聴器などが多く販売され、しかも簡単に手に入れることができる時代を迎えています。このため、盗聴器の数も質も上がってきているのが現実です。

しかも、それを特定するには今までの機材では成立せず、見つけにくくなっています。しかも、1つの機材で複数のタイプの盗聴器を探すとなると、非常に高価な機材を導入しなくてはなりません。そこまでの資金力がないところが多く、こうなってしまうと発見率が100%と本来は言えません。それでもそう公言するところがあれば、よほどの理由を示さない限りは信じないことが大事です。
盗聴器調査での盗聴器の発見率

発見率を高める機材とは

多種多様な盗聴器の発見率を高めるには、高価な機材を導入しないことには話になりません。ここで重要となるのは機材の存在ですが、スペクトラムアナライザーが発見率を高めさせてくれます。スペクトラムアナライザーは無線の測定をしてくれるものであり、これを利用することで無線の存在をつかむことができます。かなりの技術力を要するため、中にはスペクトラムアナライザーのようなものを用いる業者も存在しますが、本物を使っているところはそれだけ技術力があります。

リモコン盗聴器などの遠隔操作が可能な盗聴器は、スイッチを遠隔操作によってオンやオフの切り替えが可能になります。特殊な機材を使えば強制的にこれをオンにすることができ、それで調べることが可能です。このためには機材にお金をかける必要があり、そこまでしなければ発見率は上がりません。こうした機材の存在を知り、盗聴器調査を依頼する段階で尋ねてみることをおすすめします。

業者を変えたら発見してもらえたケースも

盗聴器調査は業者によって技量がはっきりと分かれるため、発見率もそれだけ違います。このため、とある業者にお願いしたのに見つけてもらったが、この業者にお願いしたらすぐに見つけてくれたという事案も起きています。

また、盗聴器を外したのはいいものの、特定の努力をしないまま持ち去ってしまい、不安だけが残ったということもあります。技術的にあまり高いとは思えない業者が多く、そうした業者ほど、よく発見できるとか、安く利用できるという文言を使いたがるため、注意が必要です。

もし盗聴器調査を依頼する場合、どのタイプの盗聴器に対応した調査ができるのかを指摘することが大事です。もしすべての調査が可能だと言ってきた場合、このタイプの盗聴器ではどのような機材で調べるのかということを細かく聞くことが大切です。

そして、盗聴器の周波数など専門的なことをできるだけ聞き、業者が提示した発見する確率とその調査方法に関連性があるかチェックすることが求められます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*