盗聴器調査

盗聴器調査で見つかる盗聴器のタイプとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

探偵の依頼でよくある事例の一つが盗聴器調査です。盗聴器は自分自身でも探すことはできますが、最近の盗聴器はコンパクト化し、しろうとではなかなか発見が難しいのが現状です。

特に女性の人で最近自分自身が誰かに素行を監視されていると感じた場合、部屋のどこかに盗聴器が仕掛けられている場合があります。

気になるようであれば探偵など専門家に盗聴器調査を依頼するようにしましょう。盗聴器調査では様々な盗聴器を見つけることが出来ます。

じつは盗聴器は1種類ではありません。盗聴器のタイプは大きく分けると3つに分けられます。
その三種類とは有線式、無線式、録音式の3つです。それぞれの盗聴器のタイプについて詳しく見ていくことにしましょう。

さまざまなタイプがあります

まずは有線式の盗聴器です。有線式の盗聴器というのは音を録音する機器と音を集めるマイクとが一体になっています。
このタイプの盗聴器の使い方は、まずあらかじめ部屋に盗聴器を仕掛けます。そしてしばらくたってから再び部屋に入って侵入し、回収するというのが基本です。

詰まり、盗聴器調査でこのタイプの盗聴器が見つかるという事は、犯人は頻繁に部屋を出入りすることが可能な人物という事になります。有線式タイプの盗聴器が見つかった場合、犯人として真っ先に疑うべきは身内という事になります。

次に無線式の盗聴器ですが、一般的に盗聴器として認識されているのはこの無線式と呼ばれるタイプの盗聴器です。無線式の盗聴器は盗聴器自体から電波を発しています。つまり一度仕掛けたら回収しなくても離れた場所から音を聞くこと自体は出来るというわけです。
このタイプはコンセントやパソコン周辺に仕掛けられていることが多く、発見されない限り半永久的に稼働します。
盗聴器調査で見つかる盗聴器のタイプとは

電源を永久的に確保できるよう進化

録音式は有線式や無線式と違って、部屋に仕掛けるという事はしません。自分自身で持ち歩き、使用します。携帯電話のレコーダー装置やICレコーダーもこの録音式に当てはまります。設置するかしないかの違いだけで基本的にな使い方は有線式とさほど変わりありません。つまりこの録音式の盗聴器が見つかった場合も有線式と同様に被害者と頻繁にコンタクトを取ることが出来る人物、つまり身内がかなり怪しいということになります。

盗聴器が動くためには電気が必要で、その電源も様々です。ごく初めの盗聴器は盗聴器内部に電池またはバッテリーが組み込まれていました。しかしこのタイプだと1週間程度で寿命が来て回収する必要がありますし、何よりも電池やバッテリーの分盗聴器本体が巨大になります。

そんな電源の問題を一気に解消したのが一般的に広く認知されているコンセントタイプの盗聴器です。
コンセントから電源を引っ張ってくれれば半永久的に電源を確保できます。

コンセント型の盗聴器を早期発見するには

コンセント型の盗聴器はかなり昔から販売されていますが、現在でもとても需要がある盗聴器です。その理由としてコンパクトであること、そして部屋の中仕掛けてられていてもコンセントというものに対して特に関心が無いため、一つ二つ増えていても自分自身で購入したコンセントかどうかよくわからない場合が多いからです。

例えば引越して新しい部屋に来た場合、既にコンセントが設置されていると買わなくてラッキーといった認識かもしれませんが、もしかすると前の住人が仕掛けている盗聴器かもしれません。更に発見を恐れる人はコンセントの中に盗聴器を仕掛ける場合もあって厄介です。

本当に自分の身を守るのであれば、引越してきたときに既に部屋にコンセントが設置されている場合でもそのコンセントは使わず、自分で購入したコンセントのみを使用するようにしましょう。そして購入したコンセントには他の人には気づかれにくい、自分だけが分かる印を入れておくとコンセントをチェックした時に外部から仕掛けられているものかどうかの判別が容易です。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、盗聴器調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*