浮気調査

探偵に浮気調査を依頼する時の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

浮気は決して他人事ではありません。誰にでも起こりうる可能性があることです。ついついうちの旦那がそんなことするわけないとか、うちの妻に限ってなどと考えがちですが、そのような考えは持たない方がよいでしょう。

いつでもどこでもどのような出会いがあるかわからないのです。そして、その思いがついうっかりしたり、魔がさしたり、あるいは運命というもので浮気となってしまうのです。

このようなときに頼りになるのが浮気調査をしてくれる探偵社です。彼らはプロですので、話を把握したならすぐに行動してくれるでしょう。しかし、一体どう依頼すればよいのでしょうか。今回は一連の契約までの流れについて見ていくことにしましょう。覚えていて損なことは決してありません。

まずは無料相談を利用してみる

大抵の探偵社では、いつでも調査案件を探しているので無料で相談ができる窓口を何らかのかたちで用意しています。業者にもよりますが、依頼主のプライバシー保護の観点から、最初の無料相談は匿名でも可能というところもありますので、あなたが安心できるかたちの相談形式を依頼しましょう。

大抵、無料相談はメールもしくは電話での対応となります。簡単なプロフィールと今起こっているトラブルを伝え、探偵社のスタッフが回答するようになっています。しかし、ここではあまり細かい相談ができません。具体的な調査方法や、どう行動するべきかなどの細かい打ち合わせが必要になるものは、一度事務所にお越しくださいと案内されます。

ここで非常に良い探偵社であれば、複数の業者と相談してから決めてほしい、と言われることもあります。探偵社の調査の相場などは素人ではわかりにくい分野ですので、あとから高額な請求をされて困ることもあるのです。そういった悪質な会社ではないことを伝えるために、必ず複数の会社と比較するようにすすめられることが多いです。
探偵に浮気調査を依頼する時の流れ

実際に面談の確約を取り付ける

メールまたは電話での相談で納得し、この探偵社に依頼したいと思ったら正式な依頼の申請を行います。これも大体が相談形式をとっており、契約してすぐに解散ということにはなりません。まずは電話かメールで先日無料相談を依頼したが、今回は正式に依頼したいと伝えましょう。

事務所に行けば実際にどのような人が調査にあたるのか、今後はどういう方針で調査をすすめるのかかなり内容の濃い話となります。ここでその調査方法に同意し、調査を開始してほしければ契約となります。しかし、契約の前には必ず確認してほしいいくつかのポイントがあります。

まずは報酬があるかないか。成功型報酬であれば結果がわかったあとに料金請求がありますが、近年は調査代金を先に実費でもらう以外の料金は発生しないという業者も出てきています。

それに、必ず契約書を作成する探偵社と契約をすることをおすすめします。もし作成なしに浮気調査を開始しようとするのであれば、絶対にその業者は避けてください。あとから高額な請求をされる典型的なパターンです。

経過報告を受けつつ調査報告書を待つ

実際に調査に入ってしまったら、なるべく日常生活は普通に送ってください。依頼しているのはプロなので探偵をつけられているとパートナーが気がつくことはほぼありません。あるとすれば、ほとんどが依頼主の挙動の変化や言動に不審な点があることに気づかれてしまってバレるというケースがほとんどです。

良い業者であれば経過報告を一週間に一度など決められたスパンで行ってくれます。具体的な証拠物件は現在どのくらいまで集まったのか、調査に進展はあったのか、結果としては白となるか黒となるかなどの細かい話はここで行うことになります。

こういった細かい報告をせず、すぐに結果報告書を提出してくる探偵社は信用ができません。少しの手間ひまを惜しむような業者には、浮気調査は依頼しないほうがよいでしょう。浮気調査は物的証拠が大量に必要となりますし、アリバイも完全に用意しなければ不貞行為と認定されません。そのぶん厳しく行うのが正しい調査方法なのです。

まずパートナーがおかしいと思ったら、いろんな探偵社に浮気調査の件として無料相談を受けてみましょう。それだけでも救いになるケースもあります。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、浮気調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*