浮気調査

自分でできる浮気調査とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

成人男性のすべてが浮気をするわけではありません。本当に最初から最後まで、妻だけを愛する真面目な男性も実はとても多いです。ただし、一方で若い頃から夜遊びが好きな男性は、結婚後も浮気をします。女性よりも男性の方が元々性欲が強いです。性欲が旺盛な男性は浮気をしやすく、妻以外の女性と性欲解消のために夜遊びをします。

また奥様が専業主婦、男性がサラリーマンという生活をしていれば、妻の目を盗んで会社帰りに若い同僚を浮気をしたり、仕事だと偽って愛人と不倫旅行に出かけたりと、いわゆる不貞行為をしやすい環境があります。更に今ではスマートフォンのメッセンジャーアプリ等、家族の目を盗んで外部と連絡手段があり、普通の男性でも浮気しやすい土壌が出来てしまいました。




まずは身近な人々に夫の様子を聞き込み

夫の帰りが最近妙に遅くなった、今までは毎日しっかりとセックスに応じてくれていた夫が急に冷たい態度を取るようになった、こういった対応の変化は浮気の兆候です。ただ、面と向かって夫に「あなた、浮気しているの?」と質問する事は難しいでしょう。下手に証拠が揃っていない段階で直撃しても、返って相手に言い逃れの口実を与えるだけです。

また良い事ではありますが、奥様の勘違いというオチも考えられます。夫の帰宅時間や態度が少し変わったからといって、それが即座に浮気と決めつけてはいけません。単純に仕事が多忙になっていて、帰宅時間が遅くなっていたり、疲労でセックスする気分になれていないだけかもしれません。
24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

ただし、奥様の女の勘が怪しいと告げているなら、いきなり探偵事務所に行くのではなく、密かに自分で浮気調査を始めてみましょう。まずは月並みな方法ですが、近所の人々に聞き込みをしてみましょう。夫が外で見知らぬ女性で歩いている姿を見かけた人がいるかもしれません。ママ友や知人にそれとなく夫の外での様子を質問してみるのオススメです。

自分でできる浮気調査とは

パソコンやスマートフォンを調査目的で調べてみる

自分で出来る浮気調査の方法として、次に挙げられるのがEメールやメッセンジャーアプリのチェックです。本来、他人のパソコンやスマートフォンを勝手に見る事はルール違反です。夫婦の間でもプライバシーはありますし、信書を勝手に覗き見する事は法律に抵触すると言われています。

ただ、一部例外が存在しており、パートナーが浮気調査という明確な理由で、パソコンやスマートフォンの内容を確認する事は、合法という専門家の見解があり、それを実践すれば浮気の証拠を見つけられるでしょう。

浮気相手との連絡をEメールやアプリで交わす男性はとても多いです。明らかに不倫旅行の打ち合わせをしていると見られる文面などを見つければ動かぬ証拠となります。また大胆にも浮気相手との不倫旅行の様子を、画像や動画にしてハードディスクやスマートフォンに保存する男性も珍しくありません。少し辛いですが、浮気相手と性行為をしている写真や動画などを見つけられれば完璧な物証となります。

探偵のように夫の行動を見張り、尾行する方法もあります

少しテクニックが必要な浮気調査の方法として挙げられるのが、あえて自分が留守を装い、夫に浮気相手を自宅に呼びやすい環境を作り出す、というおとり捜査的なアプローチです。同窓会や女子会で外泊する事になった、と夫に嘘をつき、一旦自宅を離れます。すると普段から浮気を楽しんでいる男性は、妻の留守というチャンスを最高の浮気のチャンスだと感じ、大胆にも愛人を自宅に招待する事があります。

留守を装い、物陰から夫の様子を観察しておきましょう。もし自宅に愛人を連れ込んだなら、その現場を写真でしっかりと残しましょう。まさに不貞行為に及んでいるところを押さえれば、相手は言い逃れする術がありません。

また自宅に連れ込むのではなく、妻の不在をチャンスと見て、愛人の家に向かう男性もいますので、その場合は夫を尾行して、行き先を突き止めましょう。愛人と密会しているところを、同じく写真で記録すれば、動かぬ物証となります。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、浮気調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*