浮気調査

浮気調査の傾向と言い訳について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

自分のパートナーが浮気をしていると知ったとき、あなたならどうしますか?たとえば、賢明な選択のひとつにプロである探偵事務所に浮気調査を依頼するという手段があります。プロならではの手法と蓄積されたノウハウで、浮気の証拠固めをしていくのです。

しかし、相手も浮気をするからには多少の言い訳や口実、理由は作っておいてアリバイ対策を行っているものです。常識的に考えるとそんなことはありえないというような事柄でも、浮気した事実を隠すためならどんどんいろんな言い訳をしてしまうのが人間のサガとも言えます。

今回は浮気したパートナーが発言する言い訳のパターンをいくつか見ていきましょう。もし、あなたがふとしたきっかけで異変を感じた時、こんな返し方をされたならそれは浮気のシグナルかもしれません。

急な仕事の都合、出張などが頻繁に起こる

どれほど浮気を隠そうとしても、浮気相手と会おうとするのであれば自然と普段の行動パターン以外の動きが出てくるものです。会う時間をどうやって作り出すか。このために言い訳をすることはとても多いことです。

典型的なものが、「仕事の都合で遅くなる」「急ぎの用件」「突然の出張」など、予定にないはずの仕事絡みでの外出が増えることです。仕事であれば説得しやすくなりますし、万一ふたりでいるところを目撃されたとしても、仕事上での関係だと言い逃れできるようになっています。

しかし探偵社に任せていればこのような言い訳は通用しません。何度も逢瀬を重ねている現場を撮影し、ホテルへの出入りの際のふたりの姿を確実にわかるように撮影しています。この際、赤の他人とは言い逃れできないようにしっかりと顔を映すなど、細かい点までプロの技で撮影してくれるのが客観的証拠としてのちに生きてくることになります。仕事絡みでの外出の言い訳が増えたパートナーには注意したほうがよいでしょう。
浮気調査の傾向と言い訳について

携帯電話を手放さない、ロックをかける

それほど携帯電話に興味がなかったパートナーでも、浮気相手との連絡を取るために携帯にやたら詳しくなったり、LINEやメールを頻繁に行うようになります。

こちらが最近携帯をいじることが増えたね、と指摘するとゲームにハマってしまって、とか友達のSNSのつきあいがあって、と言うことがほとんどです。ですが、実際にその通りなのか確認しようとすると、携帯には暗証番号やロックがかかっており、簡単には確認できないようになっています。

もしメールの履歴やLINEの履歴が確認できたとしても、行動の裏付けが取れなければ不貞行為とみなされないのが日本の現状です。運よく浮気相手とのやり取りが確認できた場合でも、けしてそれだけでは十分な証拠とはならないことを覚えておいてください。

探偵社に依頼しているのであれば、何月何日にこのようなメールが確認できたので行動の記録を調べてほしいとお願いすれば裏付けをとってくれます。念のため、もし浮気相手とのやりとりのメールが発見された場合は自分のメールアドレスにまで転送しておきましょう。浮気調査の証拠は数が多いほうが良いのです。

男性の言い訳、女性の言い訳

浮気調査の傾向では、男性の浮気の場合はつい魔がさしたとか、昔の同級生と盛り上がってしまった、などというアクシデントを装う傾向にありますが、女性に関しては、主人が冷たくなったので試したかった、さみしいからという理由で浮気に走ってしまうケースが多いとか。

どちらにもそれぞれ言い訳が存在していますが、不貞行為はよいことではありません。探偵社が揃えた証拠や写真、行動記録などをもとに相手にきちんと責任をとらせることが大事です。

それ以降はあなたがどうしたいかによります。関係修復へ動くのか、それとも別れる方向で動くのか。どちらにしても必ず法的なサポートが必要となりますので、ここも探偵社に頼るべきポイントといえそうです。

言い訳はされる側としては非常に腹立たしいものですが、パートナーの最後の砦でもあります。ここであまり追い詰めすぎると逃げられる可能性もありますので、事実を確認する作業のときには第三者を入れて冷静に話し合うようにするのがベストでしょう。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、浮気調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*