浮気調査

探偵事務所の車を使った浮気調査の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

自分の配偶者が浮気をしていると感じた場合に、慰謝料請求をすることができます。慰謝料請求をするといっても、何の証拠もなく請求をしてみたところでうまくいくわけがありません。そこでしっかりとした証拠を手に入れる必要がありますが、そのためには自分で調べるか、探偵事務所に浮気調査を依頼する必要があります。

よほど簡単なものであれば自分で調べることができますが、そうでない場合は探偵にお願いをした方が、結果的にしっかりとした情報を手に入れることができるでしょう。もし、自動車でホテルなどに行っていることが分かっているようであれば、後ろから追跡する方法やGPSを使う方法もあります。では具体的にどのように浮気調査をするでしょうか。

別料金がかかることが多い

基本的には浮気調査は、料金が決まっているわけではなく、簡単なものであれば安い料金でできますが、大掛かりな道具を利用する場合であればそれなりのお金がかかります。また人間を利用する場合も、一人でできる場合もあれば、無数の人間が必要になる場合があります。当然複数の人間が必要になるものほどお金がかかるものです。

そこで、自動車を利用した場合に考えられる追加料金の種類ですが、通常であればカメラや録音機材などだけで十分ですが、自動車を利用する分ガソリン代や車両そのものの料金がかかってきます。

た、通常自動車を利用するのであれば一人で行うよりも二人で行うことの方が多くなります。例えば、一台がずっと追跡をしている場合、途中でばれてしまうことが考えられるでしょう。その場合、2台が追跡していき、浮気している人が載っている車両のすぐ後ろの車が途中で立ち去り、別の車が追いかけるようにすればばれにくいです。このような理由から、別料金がかかってしまいます。
探偵事務所の車を使った浮気調査の特徴

基本的には技術が必要になる

自動車で追跡をする場合、GPSをつけることができれば簡単に追跡をすることができます。例えば、自宅の車で浮気相手を乗せてホテルに行く場合などは、どこかわからないところにGPSをつけておけば、簡単に追跡調査することができるでしょう。分かりにくいところは、例えばシートの真下などです。トランクなども分かりにくいですが、熱でだめになってしまう可能性があるため、できるだけ室内に取り付けた方がよいでしょう。

ですが、利用している車が相手のものであれば、勝手にこじ開けてGPSをつけるわけにはいきません。この場合には、地味に追跡調査をするしかありません。追跡調査をする場合、厄介になるのは信号です。浮気相手のすぐ後ろにつけたとしても、信号が青であれば問題ありませんが、黄色から赤に変わる瞬間に行けない場合があります。

もし、一台間に別の人が入ってしまえば、その人が信号で止まってしまうことで追いかけられないことがあるため、技術が必要になります。当然その分お金もかかるでしょう。

GPSをつけることができない場合も追跡は可能

万が一、GPSをつけることができない場合でも、そのままうしろから追いかけずに調査をすることができないわけではありません。基本的には自動車につけるのが一番ですが、どうしても取り付けることができない場合であれば、そのまま後ろからあとを追いかけるか、別の方法でGPSをつけるしかありません。

別のものにGPSを付ける場合は、携帯電話やスマートホンを利用すると良いでしょう。自分の配偶者が浮気をしている場合は、配偶者のスマートフォンや携帯電話が身近なところにあればそこにGPSをつけてしまえば追跡をすることができます。

また、配偶者のカバンなどに取り付けることで、追跡をすることは可能です。携帯電話やスマートホンの場合は、うっかり自宅に忘れてしまったなどの理由がない限り、通常は持ち歩くものです。そこに、こっそりとGPSをつけて移動してもらうのがよいでしょう。

ただし、それでホテルに入るところが明確になったとしても、それだけで慰謝料請求するのは難しいですので、それに加えてホテルに入る場面を写真に撮る必要もあるでしょう。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、浮気調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*