浮気調査

離婚裁判用の浮気調査について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

浮気調査をする人の目的はさまざまですが、離婚裁判まで考えている人は、本格的に浮気調査をしてもらわなければならないでしょう。裁判では証拠が必要になり、相手が浮気をしていたとしてもその証拠がなければ負けてしまう可能性も高いです。

離婚裁判用の浮気調査では、裁判でも勝てるような確実な証拠を入手してもらうということが重要になります。そのためには調査力があって信頼できる探偵に依頼をする必要があります。料金が安くても証拠が手に入らなければお金はどぶに捨てることになってしまいます。しかし、料金が高すぎる探偵にも注意が必要です。裁判で勝ったとしても探偵費用のすべてを請求できるわけではないので、なるべく相場通りの料金で探偵を雇いましょう。




裁判をすることの目的

離婚裁判用の浮気調査では、離婚を成立させるということが1つの目的となるでしょう。相手が離婚に同意しておらず、一方的な意思で離婚を成立させるためには、相手の不貞行為を証明する必要があります。その他にDVなどの事情がある場合には、不貞行為を証明しなくても離婚ができる場合もあります。

裁判をすることのもう1つの目的は、慰謝料でしょう。不貞行為が原因で離婚をした場合の慰謝料の相場は100万円~500万円くらいになります。相手への復讐という意味もありますが、離婚後の生活にも影響するので、しっかりと相場通りの慰謝料を請求しておきたいところです。

DVが原因での離婚でも、同時に相手の不貞行為についても証明をすることで、DV被害による慰謝料と浮気による慰謝料の両方をとることができます。その金額はケースバイケースとなるので、あらかじめ弁護士などに相談をしておくことがおすすめです。専門家への相談は早ければ早いほどよいです。

離婚裁判用の浮気調査について

裁判になっても勝てる証拠とは

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

浮気についての考え方はさまざまであり、キスをしただけでも浮気と考える人も多いでしょう。しかし、法律上の不貞行為というのは、継続的に配偶者以外の異性と自分の意思で肉体関係を結んでいることを指します。浮気をしている配偶者だけでなく、浮気相手にも慰謝料を請求することができます。しかし、配偶者が自分が独身であると嘘をついていて、浮気相手がそれを疑う余地がなかった場合などには浮気相手に落ち度はなく、請求ができないこともあります。

デートをしている写真やキスをしている写真などは不貞行為を証明できる証拠とはなりません。代表的なものは、ホテルや自宅に2人で出入りしている写真となるでしょう。それも複数回分が必要になります。ビジネスホテルなどは浮気をする場所であるとは一般的に考えられていませんので、ビジネスホテルに2人で出入りする写真が2回分あるだけでは厳しいかもしれません。どのような証拠が裁判で有効になるのかについても、専門家に相談をしたときに聞いておきましょう。

浮気調査をスムーズに進めるために

探偵に依頼をする前に、浮気の証拠は揃えられるだけ揃えておくことが理想です。携帯のメール、着信履歴、カーナビの履歴、コンビニのレシート、ホテルの領収書、クレジットカードの履歴など、証拠となるものは意外に多いです。それだけでは不貞行為を証明するには不十分でも、複数の証拠を組み合わせることで不貞行為を証明できることもありますので、小さな証拠でもできるだけ集めておくようにしましょう。証拠がたくさんあったほうが探偵に浮気調査の依頼をするときにも話がスムーズになります。

探偵に浮気調査を依頼した後も、配偶者に気づかれないように普段どおりに振る舞っておきましょう。配偶者が探偵を雇われたと気づいてしまったら、慎重に行動をするようになって証拠がとれなくなってしまう可能性が高くなります。探偵に依頼をした後はむしろ浮気をしてもらったほうが都合が良いので、配偶者に悟られず、油断をさせておくようにしましょう。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、浮気調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*