浮気調査

依頼した浮気調査の成功の定義とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

依頼した浮気調査の成功の定義は依頼者側と探偵社側で異なることがあります。依頼者側としては、裁判で勝てるような証拠をとってもらわないと成功とは言えないと考えることが多いでしょう。一方で、探偵側としては尾行がばれたり、尾行の途中でターゲットを見失ったり、特に失敗をしなければ成功したとみなすこともあります。

浮気調査の成功の定義とはさまざまあり、1つの正しい答えというものは存在していません。そのために、依頼者側と探偵社側とで成功の定義にする考え方が異なっていることによって、トラブルが起きることもあります。成功報酬制や完全成功報酬制の料金体系を採用する探偵事務所も増えていますが、成功報酬制の料金体系では特に成功の定義が重要になります。

依頼の内容によって成功の定義は異なる

浮気調査を探偵に依頼する人の目的はさまざまです。配偶者が浮気をしていることに気がついて、離婚を考えている人が代表的です。しかし、離婚をせずに慰謝料だけを請求したいという人もいます。また、先のことは考えていないが、とりあえず配偶者が浮気をしているのかどうかということをはっきりさせたいという人もいます。

離婚や慰謝料の請求までは考えていないというときには、キスをしている写真やデートをしている写真だけでも十分であるというケースもあります。キスをしている写真を配偶者につきつけて、もう二度と浮気はしないということを誓わせることで目的が果たせる可能性も高いです。

キスをしている写真などは裁判では不貞行為の証拠として使えませんが、話し合いの段階でその写真を見て配偶者が素直に認めて、慰謝料の請求に応じてくれたというパターンもあります。離婚や慰謝料請求を目的としている場合でも、裁判になる可能性はそれほど高くはないので、確実な証拠がとれなくても成功するケースはあります。
依頼した浮気調査の成功の定義とは

成功報酬制の料金プランとは

探偵に浮気調査を依頼するときの料金プランとして、時間料金制、パック料金制、成功報酬制という3つが代表的です。成功報酬制でも「基本料金+成功報酬」となっている探偵社と、基本料金がゼロで成功報酬だけがかかるという完全成功報酬制となっている探偵社があります。

「成功しなければ報酬はいりません」というプランなので一見すると安心ですが、実はトラブルもたくさん起きているようです。成功の定義は依頼者側と探偵社側で異なっているので、依頼者側が「裁判で絶対に勝てるような証拠をとってください」と頼んだのに、「キスをしている写真やデートをしている写真」などしか入手できなかったとします。

依頼者側としては裁判で絶対に勝てる証拠がとれなかったのなら成功報酬は支払いたくないと考えますが、探偵社側はこのような証拠でも成功したと主張することもあります。このようなケースでは、どちらが正しいのかということではなく、契約内容がどのようになっていたのかということがポイントになります。

目的を果たしてくれる探偵に依頼

成功報酬制の料金でトラブルを避けるためには、あらかじめしっかりと「どのようなケースで成功とみなすのか」ということを確認しておくことです。面談の段階で料金については細かいところまで質問をしておき、少しでもあいまいな部分があったり、ごまかすような態度をとられたりしたら、その会社はやめておいたほうが良いでしょう。

公式ホームページを見てみると、「裁判で負けたら成功報酬はいただきません」と明言しているところもあります。このような探偵社は一定の信頼があります。しかし、絶対にこういった会社でないといけないというわけでもありません。

とりあえず浮気をしているのかどうかだけを確かめたいという場合には、なにも出てこなかったほうが安心できるでしょう。キスやデートでも浮気と考える人は多いので、そのような証拠でも話し合いを有利に進める材料にはなります。大切なことは、自分の目的を果たせるかどうかということになります。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、浮気調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*