浮気調査

探偵に浮気調査を相談する時の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

探偵という業種というのは、なかなか日常的に触れる機会が少ない仕事なので、どこか不透明な部分があるのではないかと考えてしまうものです。

多くの方が、探偵に何かを依頼することなく生活をしていますが、いざ自分だけでは解決できないような出来事に遭遇してしまった時に、探偵に依頼しようと思っても、その相談や依頼の方法や依頼した場合にかかる費用、優良な業者を選ぶ際に前もって知識として知っておいた方が賢明です。

ここでは、依頼内容を浮気調査に絞った場合に、相談の流れや事前に準備しておくべき事、依頼した場合に必要になる費用、優良な業者を選ぶ際の目安となる重要ないくつかのポイントなどについて紹介してみたいと思います。

浮気調査をする際の流れ

多くの方が浮気調査を依頼する業者を選ぶときにインターネットを利用すると思います。依頼する業者を見つけたら、まずは電話をして相談をする日の打ち合わせをします。打ち合わせまでにできるだけ正確な情報を探偵に伝えることができるように準備をしておきます。

浮気調査の場合、パートナーの名前、年齢、身長、体重、携帯の番号、車のナンバー、趣味を始め、普段の行動パターンとして行きつけの店や食事の好み、交友関係などもできるだけ詳しく調べておきます。打ち合わせの時に、事前に準備した情報を元に話を進めていきますが、まずは依頼するにあたって、浮気調査の結果どのような方向が望ましいのかもはっきりさせておきます。

もちろん、依頼する段階で何も決まっておらず、方向性など無理に伝える必要は決してありません。このように探偵との話し合いを経て、見積もりを発行してもらいます。この見積もりは調査方法や調査人数などによって決められます。
探偵に浮気調査を相談する時の流れ

見積もりを安くする為には多くの情報が必要不可欠

見積もりは調査方法や動員される人数によって決められますので、より多くの情報があればあるほど時間や労力を省くことができますので、費用を抑える事に繋がります。基本的に見積もりで提示されて金額よりも実際の調査費用が低くなることはありませんので、伝え忘れが無いように多くの情報を用意しておきましょう。

探偵に依頼する場合に発生する費用の内訳は、着手金、成功報酬金、経費、手数料、人件費です。着手金は最初に依頼料として支払うお金で、成功報酬金とは依頼が成功した時に支払うお金です。経費はレンタカー代や高速代、燃料費、通信費などで手数料は調査報告書を作成する費用、人件費は調査に動員した人員の費用になります。

浮気調査の一般的な調査費用としては、基本料金が4万円程度で調査費用は1日で8万円程度が相場となっていますが、業者の中には大した結果を得られていないにも関わらず成功報酬金を求める業者もいますので、見積もりの段階で確認が必要です。

探偵に初めて依頼する場合のポイント

良い探偵を見つけるには必要なポイントいくつかあります。まず探偵業届出証明書の保有です。これは公的に国から認めてもらえている証拠になりますので、必ず確認をするべきです。次に電話などの応対です。初めて連絡をしているにも関わらず、丁寧さや親切心などにかける応対をするような業者は避けなければなりません。

次に面談をする場所にも注意が必要です。必ず事務所を指定します。ファミレスや喫茶店などを指定する業者は、事務所の存在にも疑問符が付きますので信頼できません。間違った選択をしない為にも、いくつかの業者から見積もりを取る事をおすすめします。

ほとんどの業者が見積もりを無料で行ってくれますので、複数の業者から見積もりを取り、相場や詳しい調査内容などを確認した上で依頼する業者を選択しましょう。悪徳業者の中には、実際には調査を行わず、信頼性のない報告書のみを作成して依頼料だけを取る業者が存在しますので注意しましょう。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、浮気調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*