浮気調査

浮気調査から浮き彫りになる浮気の傾向ときっかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

パートナーの浮気、できればあってほしくないものです。友人などに旦那さんが浮気をしている、と言われてもイマイチ確信が持てず、そのまま放置してしまうなんてこともあります。浮気は決して特殊な人たちが起こすものではありません。ごくありふれた日常生活の中で実際に起こりうるものなのです。

確信がもてないけれど白か黒かはっきりさせたい、と思うときに役立つのが浮気調査を実施している探偵社です。彼らはプロですので、状況を伝えるだけでもわかることがあります。そして今後あなたがどうしたいかを念入りにヒアリングしてくれた上で、あなたの有利になるように物的証拠を集めてくれます。

今回はそんな浮気調査から見える、浮気の傾向ときっかけについてお話しします。決して他人事ではありません。

携帯電話を手放さない!?浮気の傾向の必須ポイント

誰かを好きになったら、なるべくその人物と接触の機会を多く持つようにし、個人的なメールアドレスや電話番号をヒアリングするところから始めることでしょう。実は、浮気も全くその通りなのです。

今まで携帯電話を放置していることが多かったのに、ある日ロックをかけるようになった、常に着信がないか、メールは来ていないかを気にしているなどの傾向は男女どちらにも見られる、典型的な浮気の傾向です。

電話を気にしている様子をこちらが指摘すると、「仕事上で連絡が最近多い」というように、最も無難な仕事についての連絡ということにします。確かに仕事であれば、こちらも容易に口をはさめることではないので、追及しにくくなります。

浮気の傾向はまず身近な携帯電話からわかります。頻繁に着信、メールがないか。またはパートナーがそれを気にしているようすはないか。そして携帯電話自体にロックや指紋認証をつけて他人には見られないように工夫をしていないかがチェックすべき項目です。
浮気調査から浮き彫りになる浮気の傾向ときっかけ

突発的な仕事や用事、外出は疑わしい?

浮気相手とあうためには時間が必要です。そのためにパートナーはさまざまな理由をこじつけてあなたから離れる時間を作ろうとします。主な言い訳は「仕事が忙しいので」「急ぎの用事が入った」「友人が突然帰省したので飲み会」など、突発的な用事が増える傾向が見られたら浮気の可能性があると考えてもよいでしょう。

仕事でしたら、よほどのことがなければ事前にスケジュールが把握できるはずですし、突発的な用事が発生することなど1回か2回程度はあったとしても、そう何度もあるわけではありません。しかし、相手に会うためならとりあえずアリバイを作らなければならないので、どうしても浮気の時間は別のことをしている時間である、と必要以上にアピールする傾向にあります。

女性の場合は、何かのレッスンや講座に行く時間が増えたり、友達関係との外食が増えるなど、今まで自宅にいることが多かったのに、突然外出する機会が多くなる傾向にあります。
どちらにしても、普段よりずっと自宅にいる時間が減っているのであれば、浮気の可能性があります。

浮気調査からわかるきっかけの多さ

実は浮気調査は探偵社に持ち込みされる相談の中でもトップクラスに入るくらい多い相談です。調査の結果、男性の浮気は目の前に素敵な女性が出現した、部下などに慕われた、など他人からの接触があり、自分もまきこまれて好意を持ってしまったということが多いです。

女性はというと少し複雑になります。ご主人に対する嫌味やあてつけのために浮気が行われる場合があるからです。主人がかまってくれなかった、さみしかった、反応を知りたくて、という理由から浮気に走る傾向があります。

しかしどちらにせよ、既婚者ゆえ不貞行為は許されるものではありませんし、もし本気で他の人を想うようになってしまったのであれば、先にパートナーであるあなたに相談するべきです。実際におつきあいをしたり肉体関係を先に持つというのはルール違反です。

パートナーが浮気をした場合、どのような言い訳をして、どのようなきっかけがあるにせよ、あなたには相手に対してこれ以上傷つけないでほしいとしっかり伝える権利があります。探偵社に相談しながら、有利に物事を進めていきましょう。

如何でしたか?こちらのページでは今まで書いた、浮気調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。
にほんブログ村 その他生活ブログ 探偵・調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*