人探し

メールアドレスのみの人探しはできる?

    携帯電話やパソコンなど、いわゆるインターネットの普及によって見ず知らずの人と知り合う機会がとても増えました。誰でもメールアドレスだけでやり取りをしている、いわゆるメル友と呼ばれている友人の一人や二人は居るのではないでしょうか。メル友というのはなかなか実際に接している友人には言えないようなことも言い合える存在になりやすく、ついつい信用してしまいがちです。

    そのため、メールアドレスしか知らない相手による被害というのが最近とても増えています。例えばメル友が少しお金に困っているからと、まとまったお金を送金した瞬間、連絡手段を絶たれるというものです。お金を返してもらうためには相手の情報を掴まなければいけません。

    メルアドだけの人探しはなかな難しい

    自分自身で人探しをするのには限界があります。ですから場合によっては探偵に人探しを依頼するというのもとても有効な方法です。探偵はいわば人探しのプロですから、私たちが考えもつかないようなアプローチで相手の特定をすることが出来ます。

    では、ここからが本題ですが、金銭的な被害を受けて、お金を取られた相手の情報がメールアドレスだけの場合、メールアドレスだけで探偵は相手の名前や住所など、さまざまな情報を知ることが出来るのでしょうか。

    メールアドレスを知っているという事自体は、その人とのつながりがあるという状態なので、人探しという点においては何ら情報を知らない場合に比べると、とても強力な手がかりではあります。

    しかし実際にメールアドレスだけで人探しが出来るのかという点においては、結論から言えばとても難しいと言えるでしょう。

    メールアドレスのみの人探しはできる?

    例えば刑事事件になりうるような大きな事件の場合は情報を開示する義務がありますが金品を奪われた程度では情報は開示してもらえないのです。

    情報開示がされなくても捜査する方法が

    メールアドレスといっても大きく分けると2種類あります。一つが携帯電話など、個人端末のメールアドレス、もう一つがパソコンのメールアドレスです。パソコンのアドレスにも2種類あって、一つが契約しているプロバイダから割り当てられたドメインアドレス、もう一つが自分で自由に作成できるフリーメールのアドレスです。

    このうち、携帯電話などの個人端末のメールアドレスや、プロバイダから割り当てられたアドレスに関しては登録時に住所な氏名などの個人情報が必要になるため、こちらのメールアドレスの場合は上手く活用すれば住所や名前など、相手の重要な個人情報を知りうる大きな手掛かりになります。

    こういったいわゆるメインで利用しているメールアドレスは携帯電話など、直接契約している会社でなくてもレンタルビデオショップなどを契約する際にも記入している可能性があるので、たとえ情報開示してもらうことが出来なくても捜査によって個人情報を知りうることが出来る場合もあります。

    フリーメールでも利用価値はある

    一方、自分で自由に作成できる、いわゆるフリーメールのアドレスの場合は先ほど解説したメインのアドレスに比べると利用価値は落ちる傾向にあります。直接どこかと契約しているというわけではないため、個人情報を相手に知らせる必要が無いからです。

    しかし全く利用価値が無いのかといわれれば決してそうではありません。確かにいわゆる捨てアドと呼ばれる、数回のやり取りの身に利用されるアドレスも存在しますが、フリーメールのアドレスを作成する目的はほかにも特定のサイトのメールだけを受け取りたいというケースもあります。

    もしもそのフリーメールの登録先がオークションやネットショップのサイトであった場合、商品を届けるために必ず東特社の住所や氏名を知らせる必要があります。

    また、SNSのみでやり取りする人に対してもフリーメールを利用することが多いです。いろいろな人とのやり取りを見ていれば相手の重要な情報を掴むことも可能です。

    いかがでしたか?こちらのページでは今まで書いた、人探しのコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。