身辺調査

婚約者に素行調査や身辺調査を行う理由

    婚約者に素行調査や身辺調査を依頼する人が増加傾向にあります。身辺調査や素行調査は探偵に依頼する事になりますが、なぜそのような調査を行うかというと結婚前に知らなかった事実が結婚後に発覚することを避けるためです。

    多いケースは借金や異性問題、親戚間でのトラブルやその他経歴詐称などがあります。これらの問題を隠して虚偽の事実を婚約者に語り、気づかれないように結婚することを避ける為に当事者または親が結婚相手の素性を知る為に調査を依頼するメリットは大きいといえます。

    探偵に依頼して真実を確認したうえで結婚することで不安や疑問を解消することが出来ますし、結婚してからの不要なトラブルを避けることが出来るのが依頼する理由です。

    異性関係の不安を取り除くメリット

    身辺調査でわかることは異性関係、仕事や学歴、借金の有無や親戚同士のトラブルなどです。たとえば婚約者と長く付き合っている場合でももう一人もしくは二人他の異性とも付き合っていたという事実が結婚後に発覚することは珍しくありません。

    結婚式や披露宴を終えて新婚旅行も済ませて新居に住み始めてからそのような事実が発覚してしまうのは多くの人が避けたいケースなのではないでしょうか。

    そのためには、結婚前に婚約者について知る為に探偵に依頼し、怪しいところがあれば重点的に調べてもらいます。頻繁に自分以外の人とスマートフォンで連絡をしている相手がいたり、いつも決まった時間に連絡が取りづらくなる、といったことが気になるときには注意が必要です。

    上手に隠している相手の場合には知っているつもりでも知らない真実が隠れていることがありますので、安心して結婚をしたいのであれば異性関係の不安を解消するのは重要なポイントです。
    婚約者に素行調査や身辺調査を行う理由

    相手の過去について知り、冷静な判断を

    婚約者と結婚生活の計画を立てているときには相手の過去や素行、真実の姿が見えにくくなることがあります。たとえば普段は温厚でもかっとなると衝動的に暴力を振るうことがあるなど、結婚してから発覚するのは避けたい特徴は多々あります。

    中には過去に傷害事件を起こしていたり前科があることを隠して結婚しようとする人は少なくありません。人に知られたくない過去の一つや二つはあるものですが、結婚したり子供を育てていくうえで好ましくない経歴はないほうが良いのが実情です。

    二度あることは三度あるといわれていますし、かっとなって暴力を振るう人と結婚すると苦労をするのは目に見えています。相手に前科が無いか、暴力やギャンブルの依存症はないかについては調べておいて損はありません。

    自分の知らない相手の過去を知ることは良い事ばかりではありませんが、結婚前に知っておくことで冷静に結婚を考え直すきっかけにもなります。

    婚約者の虚言癖が発覚するケースも

    結婚相手の素行調査や身辺調査を行うメリットとしては、相手に虚言癖があるかどうかがわかる点があります。たとえば多いのが経歴詐称です。これは有名人などにも多いケースですので注意が必要です。

    有名大学を卒業していたり、上場企業に勤めている、親が資産家であるといった条件が嘘だったことが結婚後に発覚することもあります。相手に良く思われたいと考えて少し背伸びをするケースは多くありますが、度を過ぎた嘘は虚言癖が疑われますので調査をするメリットが大いにあるといえるでしょう。

    有名大学を卒業しているといっていたのに高卒、専門卒だったということが後から発覚したり、中には勤務先を偽っている人もいます。

    又、親に財産があるといっていたのに実際には借金を背負っているというケースもありますので、相手に虚言癖があるかどうかも含めた身辺調査、素行調査は信頼に値する婚約者かどうかを見極めることが出来る良い機会です。探偵を依頼する時には複数の見積もりを取って信頼できる業者に依頼すると良いでしょう。

    いかがでしたか?こちらのページでは今まで書いた、身辺調査のコツを全てまとめています。他に必要な情報もありますので、ご覧ください。